Search test library by skills or roles
⌘ K

About the test:

マーケティング分析テストでは、マーケティング分析、デジタルマーケティング、Google Ads、PPC広告、マーケティングの適性、SEO評価、Googleアナリティクス、コンテンツ戦略、コピーライティング、データ分析に関する候補者の知識を評価します。マーケティングの原則に対する候補者の理解と、市場動向と消費者の行動を分析する能力を評価します。

Covered skills:

  • マーケティング分析
  • Google広告
  • マーケティングの適性
  • グーグルアナリティクス
  • コピーライティング
  • デジタルマーケティング
  • PPC広告
  • SEO評価
  • コンテンツ戦略
  • データ分析

Try practice test
9 reasons why
9 reasons why

Adaface Marketing Analysis Assessment Test is the most accurate way to shortlist マーケティングアナリストs



Reason #1

Tests for on-the-job skills

The Marketing Analysis Test helps recruiters and hiring managers identify qualified candidates from a pool of resumes, and helps in taking objective hiring decisions. It reduces the administrative overhead of interviewing too many candidates and saves time by filtering out unqualified candidates at the first step of the hiring process.

The test screens for the following skills that hiring managers look for in candidates:

  • マーケティングデータを分析し、実用的な洞察を引き出す能力
  • データ分析技術とツールの習熟度
  • デジタルマーケティング戦略とベストプラクティスの知識
  • Google広告とPPC広告での経験
  • マーケティングの適性と消費者行動の理解
  • SEOの評価と最適化に精通しています
  • マーケティング分析のためにGoogleアナリティクスを使用する能力
  • 効果的なコンテンツ戦略を開発する機能
  • 魅力的なマーケティング資料を作成するための強力なコピーライティングスキル
Reason #2

No trick questions

no trick questions

Traditional assessment tools use trick questions and puzzles for the screening, which creates a lot of frustration among candidates about having to go through irrelevant screening assessments.

View sample questions

The main reason we started Adaface is that traditional pre-employment assessment platforms are not a fair way for companies to evaluate candidates. At Adaface, our mission is to help companies find great candidates by assessing on-the-job skills required for a role.

Why we started Adaface
Try practice test
Reason #3

Non-googleable questions

We have a very high focus on the quality of questions that test for on-the-job skills. Every question is non-googleable and we have a very high bar for the level of subject matter experts we onboard to create these questions. We have crawlers to check if any of the questions are leaked online. If/ when a question gets leaked, we get an alert. We change the question for you & let you know.

How we design questions

これらは、10,000以上の質問のライブラリからのわずかなサンプルです。これに関する実際の質問 マーケティング分析テスト グーグルできません.

🧐 Question

Medium

Digital Channels for Subscriptions
Digital Marketing
Conversion Rate Optimization
Data Analysis
Try practice test
You are tasked with evaluating the performance of a digital marketing campaign designed to promote a new financial planning app targeting young professionals. The campaign utilized a mix of digital channels with the primary objectives being to increase app downloads and convert users into premium subscribers. Following the campaign's first quarter, you've compiled the following performance data:

- Total ad spend: $50,000
- Total impressions: 500,000 across all channels
- Total clicks: 25,000 across all channels
- Total app downloads: 5,000
- Total premium subscription sign-ups: 425
- The marketing is split into Email marketing, Social Media ads and Google AdWords.
- The campaign utilized three digital channels: social media ads, Google AdWords, and email marketing. Of these Social media ads contributed to 2,500 downloads with 125 premium subscriptions. Google AdWords contributed to 1,500 downloads with 150 subscriptions. The rest of the downloads and subscriptions came from Email Marketing.

Given this campaign performance data, which digital channel proved most effective for achieving the primary goal of converting users into premium subscribers and should be prioritized in future campaigns?
A: Social media ads, due to their largest contribution to app downloads.
B: Google AdWords, for its balanced performance in both generating downloads and converting subscriptions.
C: Email marketing, because of its highest conversion rate to premium subscriptions, indicating better targeting and engagement.
D: Google AdWords because of its highest conversion rate to premium subscriptions, indicating better targeting and engagement.
E: Social Media ads because of its highest conversion rate to premium subscriptions, indicating better targeting and engagement.

Medium

Email Marketing Campaign Analysis
Conversion Rates
A/B Testing
Try practice test
You are analyzing the results of an A/B testing campaign for a newly launched line of eco-friendly activewear. The goal was to determine which of two email marketing strategies resulted in higher engagement and sales. Strategy A focused on discount offers, while Strategy B emphasized the eco-friendly attributes of the clothing line. The campaign ran for one month, targeting a segmented list of 50,000 subscribers, split evenly between the two strategies. The following data was collected:

- Strategy A (Discount Offers):
    - Emails sent: 25,000
    - Open rate: 22%
    - Click-through rate (CTR): 5%
    - Conversion rate: 0.5%
    - Unsubscribe rate: 2%
- Strategy B (Eco-Friendly Attributes):
    - Emails sent: 25,000
    - Open rate: 18%
    - Click-through rate (CTR): 4%
    - Conversion rate: 1%
    - Unsubscribe rate: 1.5%

Based on the data, which strategy should be prioritized for future email marketing campaigns to maximize sales and engagement, considering both effectiveness and audience retention?
A: Strategy A should be prioritized due to its higher open and click-through rates, indicating better initial engagement.
B: Strategy B should be prioritized because of its higher conversion rate, despite lower open and click-through rates, suggesting stronger sales impact.
C: Strategy A should be optimized for a lower unsubscribe rate before it can be considered for future campaigns.
D: Strategy B's lower unsubscribe rate indicates better audience retention and should be the focus, despite lower engagement metrics.

Medium

Hiring Developer
Skewed Data
Graph
Try practice test
Two companies A and B hired developers from the year 2001 to 2005. The given bar graph shows the hiring details. 
 image
 image
Now select the statements that are true based on the given details.

A: The data given for Company A is skewed to the left.
B: The data given for Company B is skewed to the right.
C: The data given for Company A is skewed to the right.
D: For Company B, mean and mode are equal.
E: For Company B, mean is equal to median but less than mode.
F: For Company A, median is less than mode but greater than mean.

Medium

Negative correlation
Try practice test
Saffi, one of the popular schools in San Francisco did a school wide study of the students in middle school. The study found that there is a negative correlation between the time spent on Facebook per day by students and their academic achievement. How can we understand the results of this study?
A: An increase in time spent on Facebook per day causes a drop in the academic achievement of students at the middle school level.

B: There is an association between an increase in time spent on Facebook per day and the drop in the academic achievement of students at Saffi. 

C: An increase in the time spent on Facebook per day causes a drop in the academic achievement of students at Saffi. 

D: There is an association between an increase in time spent on Facebook per day and the drop in the academic achievement of students at the middle school level.
🧐 Question🔧 Skill

Medium

Digital Channels for Subscriptions
Digital Marketing
Conversion Rate Optimization
Data Analysis

3 mins

Marketing Analysis
Try practice test

Medium

Email Marketing Campaign Analysis
Conversion Rates
A/B Testing

2 mins

Marketing Analysis
Try practice test

Medium

Hiring Developer
Skewed Data
Graph

3 mins

Data Analysis
Try practice test

Medium

Negative correlation

2 mins

Data Analysis
Try practice test
🧐 Question🔧 Skill💪 Difficulty⌛ Time
Digital Channels for Subscriptions
Digital Marketing
Conversion Rate Optimization
Data Analysis
Marketing Analysis
Medium3 mins
Try practice test
Email Marketing Campaign Analysis
Conversion Rates
A/B Testing
Marketing Analysis
Medium2 mins
Try practice test
Hiring Developer
Skewed Data
Graph
Data Analysis
Medium3 mins
Try practice test
Negative correlation
Data Analysis
Medium2 mins
Try practice test
Reason #4

1200+ customers in 75 countries

customers in 75 countries
Brandon

Adaface を使用することで、最初の選考プロセスを 75% 以上最適化することができ、採用担当マネージャーと人材獲得チームの両方にとって貴重な時間を同様に解放することができました。


Brandon Lee, 人々の責任者, Love, Bonito

Try practice test
Reason #5

Designed for elimination, not selection

The most important thing while implementing the pre-employment マーケティング分析テスト in your hiring process is that it is an elimination tool, not a selection tool. In other words: you want to use the test to eliminate the candidates who do poorly on the test, not to select the candidates who come out at the top. While they are super valuable, pre-employment tests do not paint the entire picture of a candidate’s abilities, knowledge, and motivations. Multiple easy questions are more predictive of a candidate's ability than fewer hard questions. Harder questions are often "trick" based questions, which do not provide any meaningful signal about the candidate's skillset.

Science behind Adaface tests
Reason #6

1 click candidate invites

Email invites: You can send candidates an email invite to the マーケティング分析テスト from your dashboard by entering their email address.

Public link: You can create a public link for each test that you can share with candidates.

API or integrations: You can invite candidates directly from your ATS by using our pre-built integrations with popular ATS systems or building a custom integration with your in-house ATS.

invite candidates
Reason #7

Detailed scorecards & benchmarks

サンプルスコアカードを表示します
Try practice test
Reason #8

High completion rate

Adaface tests are conversational, low-stress, and take just 25-40 mins to complete.

This is why Adaface has the highest test-completion rate (86%), which is more than 2x better than traditional assessments.

test completion rate
Reason #9

Advanced Proctoring


Learn more

About the Marketing Analysis Online Test

Why you should use Pre-employment Marketing Analysis Test?

The マーケティング分析テスト makes use of scenario-based questions to test for on-the-job skills as opposed to theoretical knowledge, ensuring that candidates who do well on this screening test have the relavant skills. The questions are designed to covered following on-the-job aspects:

  • マーケティングデータを分析する能力
  • データ分析手法の習熟度
  • デジタルマーケティング戦略の理解
  • Google Adsキャンペーン管理の知識
  • PPC広告プラットフォームに精通しています
  • 顧客行動の適性と理解
  • SEOの評価と最適化を実行する能力
  • マーケティング分析のためのGoogleアナリティクスの習熟度
  • コンテンツ戦略と作成の理解
  • 効果的なマーケティングコミュニケーションのためのコピーライティングスキル

Once the test is sent to a candidate, the candidate receives a link in email to take the test. For each candidate, you will receive a detailed report with skills breakdown and benchmarks to shortlist the top candidates from your pool.

What topics are covered in the Marketing Analysis Test?

  • マーケティング分析

    マーケティング分析は、マーケティングの決定を通知するために、市場動向、顧客行動、および競合他社の戦略を評価する慣行です。データを収集して分析して、市場の機会と課題を特定し、効果的なマーケティング戦略を開発することが含まれます。テストでこのスキルを測定することで、候補者がマーケティング分析の基本原則を確実に理解することが保証されます。

  • デジタルマーケティング

    デジタルマーケティングは、デジタルチャネルを使用するマーケティング活動を指します。製品やサービスを宣伝するためのウェブサイト、ソーシャルメディア、電子メール。これには、ターゲットオーディエンスにリーチおよび関与するためのオンラインマーケティング戦略の作成と実装が含まれます。このスキルを評価することで、デジタルマーケティング技術に関する候補者の知識と、さまざまなデジタルチャネルを効果的に活用する能力を評価するのに役立ちます。検索エンジンの結果ページ、Webサイト、ビデオ、モバイルアプリに広告を表示するビジネス。 Google広告に関する候補者の知識を評価することで、成功したペイパー広告キャンペーンを作成および管理し、ビジネスのROIを最大化するスキルを確保します。クリックごと)広告は、ユーザーが広告をクリックするたびに企業が支払うオンライン広告の一形態です。これにより、企業はターゲットを絞ったトラフィックを自分のウェブサイトに駆り立て、リードまたは販売を生み出すことができます。テストでこのスキルを測定すると、PPC広告の原則に対する候補者の理解と、最適な結果のためにキャンペーンを最適化する能力を評価します。マーケティングの概念、戦略、およびテクニックを把握します。それには、マーケティングに対する自然な傾向と適性を持つことが含まれます。これは、トレーニングと経験を通じてさらに開発できます。このスキルを評価することは、マーケティングに強力な基盤を持ち、新しいマーケティングの課題と機会に適応できる候補者を特定するのに役立ちます。検索エンジンの結果での可視性を向上させるウェブサイト。オーガニックトラフィックをWebサイトに駆り立てるために、さまざまなオンページおよびページ外のSEOテクニックを理解して実装する必要があります。テストでこのスキルを測定することで、候補者は検索エンジンのウェブサイトを効果的に最適化するために必要な知識とスキルを保持します。

  • Googleアナリティクス

    Googleアナリティクスは、ウェブサイトへの洞察を提供するWeb分析ツールですトラフィックとユーザーの動作。ウェブサイトの訪問、変換率、ユーザーの人口統計など、さまざまなメトリックを追跡および測定します。 Googleアナリティクスに関する候補者の知識を評価することは、データを分析し、意味のある洞察を生成し、データ駆動型のマーケティングの決定を下す能力を決定するのに役立ちます。

  • コンテンツ戦略

    コンテンツ戦略には、特定のマーケティング目標を達成するためのコンテンツの作成、配信、および管理。ターゲットオーディエンスの好み、コンテンツ形式、および流通チャネルを理解する必要があります。このスキルを評価することで、効果的なコンテンツ戦略を開発し、コンテンツの作成プロセスを管理し、コンテンツをマーケティング目標と調整できる候補者を特定するのに役立ちます。製品やサービスを宣伝するための注意を引くコピー。ターゲットオーディエンスの心理学を理解し、説得力のあるメッセージを作成し、説得力のある言語テクニックを利用することが含まれます。テストでこのスキルを測定するのに役立ちます。エンゲージメント、コンバージョン、ブランド認知度を促進する効果的なマーケティングコピーを作成する候補者の能力を評価するのに役立ちます。ビジネス上の意思決定を通知できる洞察、傾向、パターンを明らかにします。意味のある結論を導き出すために、データ分析ツールと統計的方法を使用する習熟が必要です。このスキルを評価することで、マーケティングデータを効果的に分析し、実用的な洞察を生成し、情報に基づいたマーケティングの決定を下すことができる候補者を特定するのに役立ちます。

  • Full list of covered topics

    The actual topics of the questions in the final test will depend on your job description and requirements. However, here's a list of topics you can expect the questions for マーケティング分析テスト to be based on.

    市場セグメンテーション
    SWOT分析
    競合他社の分析
    マーケティング調査
    顧客のセグメンテーション
    ターゲットオーディエンスの識別
    マーケティングミックス
    カスタマージャーニーマッピング
    変換率の最適化
    データの視覚化
    統計分析
    データマイニング
    ソーシャルメディアマーケティング
    メールマーケティング
    検索エンジン最適化
    ペイパークリック広告
    コンテンツマーケティング
    インフルエンサーマーケティング
    ブランドポジショニング
    マーケティングキャンペーン計画
    消費者行動
    マーケティング分析
    変換追跡
    A/Bテスト
    モバイルマーケティング
    ビデオマーケティング
    コンテンツ戦略
    キーワード調査
    Google Analyticsメトリック
    動作フロー分析
    変換ファンネル分析
    ユーザーの獲得
    ユーザーエンゲージメント
    顧客維持
    コピーライティング技術
    マーケティングコピー編集
    販売ファンネルの最適化
    マーケティングROI計算
    マーケティング予算の割り当て
    マーケティングパフォーマンス測定
    データ駆動型の意思決定
    マーケティングの帰属モデリング
    マーケティングセグメンテーション変数
    デジタル広告プラットフォーム
    キャンペーンの最適化
    マーケティングオートメーション
    マーケティング倫理
    ターゲティングとポジショニング
    ブランド管理
    マーケティングチャネル
    CRM(顧客関係管理)
    ランディングページの最適化
    マーケティングメトリックとKPI
    市場調査の方法論
    市場動向分析
    マーケティングプロジェクト管理
    マーケティングテクノロジーツール
Try practice test

What roles can I use the Marketing Analysis Test for?

  • マーケティングアナリスト
  • デジタルマーケティング担当者
  • PPCスペシャリスト
  • SEOスペシャリスト
  • マーケティング・マネージャー

How is the Marketing Analysis Test customized for senior candidates?

For intermediate/ experienced candidates, we customize the assessment questions to include advanced topics and increase the difficulty level of the questions. This might include adding questions on topics like

  • 洞察のためにデータを分析および解釈する能力
  • マーケティング計画の開発に習熟
  • ソーシャルメディアマーケティング戦略の知識
  • 電子メールマーケティングキャンペーンの経験
  • 市場調査を実施する能力
  • 消費者行動分析の理解
  • マーケティング自動化ツールの知識
  • マーケティングの最適化のためのA/Bテストの経験
  • Google広告キャンペーンを作成および管理する機能
  • 競合他社の分析を実施する習熟度
Singapore government logo

採用担当者は、パネル面接中に尋ねる専門的な質問を通じて、どの候補者がより良いスコアを持っているかを判断し、スコアがそれほど高くない候補者と区別できると感じました。彼らです 非常に満足 Adaface のスクリーニングで最終候補者リストに選ばれた候補者の質を重視します。


85%
スクリーニング時間の短縮

Marketing Analysis Hiring Test よくある質問

複数のスキルを1つのカスタム評価に組み合わせることはできますか?

そのとおり。カスタム評価は、職務内容に基づいて設定され、指定したすべての必須スキルに関する質問が含まれます。

アンチチートまたは監督の機能はありますか?

次のアンチチート機能があります。

  • グーグル不可能な質問
  • IP監督
  • Webの提案
  • ウェブカメラの監督
  • 盗作の検出
  • 安全なブラウザ

[プロクチャリング機能](https://www.adaface.com/proctoring)の詳細をご覧ください。

テストスコアを解釈するにはどうすればよいですか?

留意すべき主なことは、評価が選択ツールではなく排除ツールであることです。スキル評価が最適化され、技術的にその役割の資格がない候補者を排除するのに役立ちます。これは、役割の最良の候補者を見つけるのに役立つために最適化されていません。したがって、評価を使用する理想的な方法は、しきい値スコア(通常は55%、ベンチマークを支援します)を決定し、インタビューの次のラウンドのしきい値を超えてスコアを上回るすべての候補者を招待することです。

このテストを使用できますか?

各ADAFACE評価は、職務記述書/理想的な候補者のペルソナにカスタマイズされます(当社の主題の専門家は、10000以上の質問のライブラリからあなたの評価に適切な質問を選択します)。この評価は、あらゆる経験レベルでカスタマイズできます。

すべての候補者は同じ質問を受け取りますか?

私は候補者です。練習テストを試すことはできますか?

いいえ。残念ながら、現時点では練習テストをサポートしていません。ただし、[サンプルの質問](https://www.adaface.com/questions)を使用するには、練習できます。

このテストを使用するコストはいくらですか?

無料トライアルを受けることはできますか?

私はちょうど有料プランに移りました。カスタム評価をリクエストするにはどうすればよいですか?

customers across world
Join 1200+ companies in 75+ countries.
今日、最も候補者のフレンドリーなスキル評価ツールをお試しください。
g2 badges
Ready to use the Adaface マーケティング分析テスト?
Ready to use the Adaface マーケティング分析テスト?
私たちとしゃべる
ada
Ada
● Online
✖️