Search Adaface test library by skills or roles
⌘ K

利用規約

最終更新:2021年9月

私たちの利用規約を読んでくれてありがとう。私たちは物事をシンプルにしようとしていますが、あなたの権利と責任を理解することが重要です。

このプライバシーポリシーは、ADAFACE PTEが提供するすべての製品、サービス、およびWebサイトに適用されます。 Ltd.これらの製品、サービス、ウェブサイトを、このポリシーの「サービス」と総称します。

 

1. SaaSサービスとサポート

1.1 これらのサービス条件は、ADAFACE PTEに適用されます。 Ltd.(以下、「Adaface」)顧客への雇用前スクリーニングサービスの提供(以下「顧客」)の規定書面で別段の合意がない限り。 Adafaceと顧客は、それぞれが「当事者」と呼ばれ、共同で「パーティー」と呼ばれます。サービスは、これらのサービス条件に従ってサブスクリプション構造の下で提供されるものとします。

1.2 本書の条件に従って、ADAFACEは、上記のサービスとサービス能力に従って、顧客に合理的な技術サポートサービスを提供します。

1.3 これらのサービス条件と当社のプライバシーポリシーは、お客様とAdafaceの間の契約を形成します。この契約は、AdafaceのWebサイトおよび/またはその他の関連アプリケーションまたはサービスのサブスクリプションと使用を規定しています。

1.4 顧客として、お客様は、このサービス利用規約を参照するドキュメントに署名するか、Adafaceにアカウントの登録時に同意を与えることにより、本契約に同意します。あなたが組織である場合、あなたに代わって本契約に同意する個人は、本契約にあなたを拘束する権限を持っている必要があり、あなたとそのような個人の両方がそうであることを表しています。

 

2. 顧客との連絡先

2.1 顧客は、Adafaceとの接触を担当する個人を任命するものとします。そのような個人は、サブスクリプション期間中に顧客が責任を負うすべての実用的な取り決めを処理するものとします。特に明示的に述べられている場合、任命された個人は、顧客に代わってアカウントを最初に登録した人になります。

 

3. 制限と責任

3.1 顧客は、直接的または間接的には、リバースエンジニア、逆コンパイル、分解、またはその他の方法で、ソースコード、オブジェクトコード、または基礎となる構造、アイデア、ノウハウまたはアルゴリズムに関連するソフトウェア、ドキュメント、またはに関連するソフトウェア、ドキュメントまたはデータを発見しようとしません。サービス(「ソフトウェア」);サービスまたは任意のソフトウェアに基づいて、デリバティブ作業を変更、翻訳、または作成します(ADAFACEで明示的に許可されているか、サービス内で承認された範囲を除く)。タイムシェアリングまたはサービス局の目的でサービスまたはソフトウェアを使用するか、3分の1の利益のために使用します。または、独自の通知またはラベルを削除します。

3.2 顧客は、顧客がADAFACEの標準公開ポリシー(「ポリシー」)および適用されるすべての法律および規制に準拠してのみサービスを使用することを表明、契約し、保証します。 [顧客は、これにより、損害、損失、負債、和解、費用(制限されない費用および弁護士費用を含む)に対して、無害なadafaceを補償し、補償し、控えめにすることに同意し、その他の請求またはその他の違反から生じる請求または訴訟に関連しています。顧客のサービスの使用。] Adafaceには顧客のサービスの使用を監視する義務はありませんが、Adafaceはそうする可能性があり、前述に違反していると思われるサービスの使用を禁止する可能性があります。

3.3 顧客は、サービスに接続、アクセス、またはその他の方法で使用するために必要な機器および補助サービスを取得および保守する責任があります。 、 "装置")。また、顧客は、機器、顧客アカウント、パスワード(管理およびユーザーのパスワードを含むがこれらに限定されない)のセキュリティ、および顧客アカウントまたは顧客の知識や同意の有無にかかわらず機器のすべての使用について維持する責任があります。

 

4. 情報の交換、プライバシー、機密性

4.1 サービスを使用する過程で、Adafaceは顧客データに含まれるすべての個人データのプライバシーを尊重し、プライバシーポリシーに記載されている個人データを処理することに同意します。情報をアップロードすることにより、顧客は、当社のプライバシーポリシーを含む本契約に従って、顧客データの転送、処理、および保存に同意し、同意します。

4.2 各当事者(「受信当事者」)は、他の当事者(「開示当事者」)が、開示する当事者のビジネスに関連するビジネス、技術、または財務情報を開示または開示する可能性があることを理解しています(以下、開示の「専有情報」と呼ばれるパーティ)。 Adafaceの独自の情報には、サービスの機能、機能、パフォーマンスに関する非公開情報が含まれています。顧客の独自の情報には、サービスの提供を可能にするために、顧客がADAFACEに提供する非公開データが含まれています(「顧客データ」)。受信当事者は、(i)そのような独自の情報を保護するための合理的な予防措置を講じること、および(ii)使用しないこと(サービスのパフォーマンスを除く、または本明細書で別の方法で許可されている場合)またはそのような独自の情報を第三者に漏らしないことに同意します。開示当事者は、その開示後5年後の情報または受信当事者が文書化できる情報(a)が一般に一般に利用可能になる可能性がある、または(b)について、前述の情報に関しては、前述の当事者が適用されないことに同意します。開示当事者からの領収書の前に所有されているか、それによって知られているか、(c)第三者による制限なしに正当に開示されたか、(d)開示当事者の独自の情報を使用せずに独立して開発されました。 (e)法律で開示する必要があります。各当事者は、そのような機密情報を秘密にし、独自の機密情報に関連して行使したのと同じ程度の勤勉さを行使するものとします。どちらの当事者も、他の当事者の書面による同意なしに、第三者が機密情報を利用できるようにすることはできません。

4.3 ADAFACEは、ADAFACE製品の継続的な開発の内部目的のために、問題のサービスに資料を提出する権利があり、マーケティング、オファーの提出などのために顧客の名前を参照として使用する権利があります。

4.4 ADAFACEは、(a)サービスとソフトウェア、すべての改善、機能強化、または変更、(b)サポートに関連して開発されたソフトウェア、アプリケーション、発明、またはその他の技術をすべて所有し、維持するものとします。 c)前述のいずれかに関連するすべての知的財産権。ここに明示的に記載されている場合を除き、権利またはライセンスは付与されません。

 

5. データ所有権

5.1 顧客は、顧客データまたは顧客によってアップロードまたは作成されたその他の資料に対するすべての権利を保持します(「顧客コンテンツ」)。ユーザーまたは候補者が利用できるようにすることを目的としたサービスに顧客データおよび/または顧客コンテンツを提出、投稿、または表示することにより、顧客は、世界的で非独占的なロイヤリティフリーのライセンスを再生、適応、修正するための世界中の非独占的なロイヤリティのないライセンスを付与します。 、本契約に基づいてAdafaceの義務を実行する目的で、そのような顧客データおよび/または顧客コンテンツをサービスとのみ併せて公開および配布します。顧客は、このような顧客データおよび/または顧客コンテンツにここで付与された権利を付与するために必要なすべての権利、権限、権限があることを表し、保証します。

 

6. 製品と材料の権利

6.1 Adafaceの標準的な質問、Dashboardのコンテンツ、および提供されたサービスに関連して開発された製品を含む、すべての著作権およびその他の知的財産権は、ADAFACEに与えられるものとします。顧客には、使用権のみが付与されます。

6.2 顧客は、資料を再現し、マーケティング目的で資料を使用する可能性を含む、追加料金の支払いと引き換えに受け取った資料を使用する許可の延長に関するADAFACEとの別の契約を締結することができます。そのような使用の場合、顧客は、ADAFACEによって資料が準備されたという事実が明確に述べられていることを保証するものとします。

6.3 顧客が上記の段落で指定されているようにADAFACEとの別の契約を締結していない場合、顧客はADAFACEで準備された資料を内部目的でのみ使用することができ、資料を開示、変更、またはコピーすることはできません。または、他の方法でそのような材料を再現します。

 

7. 料金の支払い

7.1 顧客は、この販売契約で特に指定されていない限り、最低1か月(またはサブスクリプションに従って3、6、9、12、24、36か月)の最低1か月(または3、6、9、12、24、36か月)で提供されるサービスをサブスクライブします。サブスクリプションには、サブスクリプション期間の開始前にサービスが支払われるための初期の前払い機能があること。

7.2 補遺に明確に記載されていない限り、サブスクリプション期間中に顧客のキャンセルが発生した場合、最初のサブスクリプションの支払いの一部は返金されません。期間の終わりに、サブスクリプションは、サブスクリプションの終了日の30日前に顧客によってキャンセルされない限り(元のサブスクリプションと同じ期間)、更新されたサブスクリプションのために自動的に拡張されます。

7.3 支払いは、展開された追加のライセンスに対して請求された顧客が請求されると自動的に請求されます。最初の期間が満了すると、Adafaceは、いつでも、Adafaceの裁量で、顧客からの事前の同意なしにサブスクリプション料金を修正する権利があります。 Adaface Pte。 Ltd.は、そのような調整を実装する前に、顧客に2週間の通知を提供するものとします。

7.4 ADAFACEは、ADAFACE PTEへの支払いの場合、顧客から利息を請求する権利があります。 Ltd.は過去です。利子率は年間14%です。利息は、支払いの実際の日付まで期日から発生するものとします。

7.5 顧客が30日を超える請求書の支払いに滞納されている場合、Adaface Pte Ltdは、そのオプションで、アカウントが最新になるまで、あらゆるサービスを源泉徴収または一時停止することができます。

 

8. 顧客による延期/キャンセル

8.1 顧客がスケジュールされた開始日より前にサブスクリプションをキャンセルまたは延期した場合、完全なサブスクリプション料金は「サブスクリプション期間と料金」に基づいて記載されている条件ごとに期限が切れます。

 

9. 保証とダウンタイム

9.1 ADAFACEは、顧客に適用およびインストールされたソフトウェアに対して、関連性に関連する保証をまったく提供しておらず、責任を負いません。

9.2 顧客のサービスの使用は、顧客の唯一のリスクです。サービスは、「現状のまま」と「利用可能な」ベースで提供されます。このサービスは、商品性、特定の目的への適合性、非侵害またはパフォーマンスコースの黙示的保証を含むがこれらに限定されない、明示的または黙示的であろうと、いかなる種類の保証もなく提供されます。

9.3 ADAFACE、その子会社、関連会社、およびそのライセンサーは、a)サービスが特定の時間または場所で途切れ、安全、または利用可能に機能することを保証しません。 b)エラーまたは欠陥はすべて修正されます。 c)サービスにはウイルスやその他の有害なコンポーネントが含まれていません。またはd)サービスを使用した結果は、要件を満たします。

9.4 上記にもかかわらず、顧客は、暦月の1%以上にわたってADAFACEに起因する理由により、提供されているサービスが利用できない場合(ダウンタイム)、ADAFACEから報酬を請求する権利があります。報酬は、1%のダウンタイムの利用不能ごとに「サブスクリプション期間と料金」に従って支払われる月額料金の10%として計算されます。ただし、報酬は、その期間の月額料金を超えることはできません。補償は、請求および授与された場合、将来のサービス請求書に対して相殺され、現金で支払われません。

 

10. 違反

10.1 当事者がサブスクリプションまたはこれらのビジネス条件に違反した場合、シンガポール法の一般的な規則が適用されます。

10.2 ADAFACEによる違反の結果としての損害賠償請求は、最初の12か月のサブスクリプションに対して顧客が支払うことに合意した料金に対応する金額を超えない場合はありません。 Adafaceは、顧客の営業損失、利益の損失、またはその他の間接的な損失について責任を負わないものとします。 ADAFACEは、顧客および/またはその従業員に起因する事実のために、遅延配達または誤った分析や報告などに対して責任を負わないと具体的に述べられています。

10.3 当事者による違反がそのような当事者の支配を超えた要因によるものである場合、当事者はそのような違反に対して責任を負わないものとします。

 

11. 統治法

11.1 サブスクリプションまたはこれらのビジネス条件に関連する、またはこれらの事業条件に関連して発生するADAFACEと顧客との間の紛争は、シンガポール法の対象となります。

11.2 本契約は、シンガポール共和国の法律による有効性、解釈、結果を含むあらゆる点で、法の対立の原則に関係なく、特定の例ではADAFACEによって別段の選出されない限り、顧客は明示的に明示的に選出されます。顧客のサービスへのアクセスまたは使用に関連する紛争を解決する目的で、シンガポール共和国内にある連邦および州裁判所の排他的な個人管轄権に提出することに同意します。顧客は、反対の法律または法律に関係なく、サービスの使用またはこれらの条件の使用に起因または関連する訴訟の請求または訴訟の原因は、そのような請求または訴訟の原因が発生した1年以内に提出する必要があることに同意します。または永遠に禁止されます。

 

12. 補償

12.1 ADAFACEは、ADAFACEがあらゆる脅威、請求、およびそれに関連するすべての請求、および合理的な支援と与えられた手続を迅速に通知された場合、特許のサービスまたは著作権または誤った流用による侵害に起因する第三者への責任から顧客を無害に保持するものとします。防衛と和解に対する唯一の制御を引き受ける機会。 Adafaceは、書面で承認しない和解について責任を負いません。前述の義務は、サービスの一部またはコンポーネントに関しては適用されません(i)ADAFACEによって提供されていない(ii)顧客仕様に従って行われた(ii)(iii)Adafaceによる配信後に変更された(iii)(iii)(iii)(iii)(iii) iv)疑惑の侵害がそのような組み合わせに関連している他の製品、プロセス、または材料と組み合わせた(v)顧客は、侵害の疑いを避けた変更を通知された後、または通知された後、顧客が侵害しているとされる、または(vi)顧客がサービスを使用している場合、本契約に厳密に従っていません。侵害の請求により、サービスが有能な管轄裁判所によって保持されている場合、ADAFACEが侵害すると考えられている、または侵害すると考えられている場合、ADAFACEはその選択肢と費用で(a)サービスを交換または変更することができます。そのような変更または交換には、実質的に類似した機能と機能が含まれていることを侵害します。顧客は、サービスのプリペイド、未使用料金の払い戻し。

 

13. 責任の制限

反対のことにもかかわらず、人、ADAFACE、およびそのサプライヤー(すべての機器および技術サプライヤーを含むがこれらに限定されない)の身体的傷害を除いて、役員、関連会社、代表者、請負業者、従業員は、契約、過失、厳格責任、またはその他の理論に基づいて関連する本契約または条件の主題:(a)使用の誤りまたは中断のため、またはデータの損失または不正確さまたは腐敗、または代替品の調達コスト、サービスのコストまたは技術またはビジネスの損失。 (b)間接的、模範的、偶発的、特別な、または結果的な損害について。 (c)Adafaceの合理的な管理を超えた問題について。または(d)他のすべての請求に関連する金額とともに、それぞれの場合、責任を引き起こした法律の生じる法律の12か月前に、本契約に基づいて顧客がADAFACEに支払った料金をADAFACEに上回る金額について、Adafaceがそのような損害の可能性について助言されているかどうか。

 

14. その他

本契約の任意の規定が執行不能または無効であることが判明した場合、その規定は必要な最小範囲に制限または排除されるため、この契約はそうでなければ完全な力と効果を維持し、強制力を尽くします。この契約は、ADAFACEの事前の書面による同意を除いて、顧客が割り当てられる、譲渡可能、または支持可能ではありません。 Adafaceは、同意なしに本契約に基づく権利と義務を譲渡して割り当てることができます。本契約は、当事者の相互理解に関する完全かつ排他的な声明であり、本契約の主題に関するすべての以前の書面および口頭協定、通信およびその他の理解をすべて取り、キャンセルします。本明細書に別段の提供される場合を除き、両当事者によって署名されます。本契約の結果として、代理店、パートナーシップ、合弁事業、または雇用は作成されておらず、顧客はいかなる点でもAdafaceを拘束する権限を持っていません。本契約に基づいて権利を執行するための訴訟または手続きでは、支配的な当事者は、費用と弁護士費用を回収する権利があります。本契約に基づくすべての通知は書面で行われ、個人的に配信された場合、受け取ったときに正式に与えられたとみなされます。領収書が電子的に確認された場合、ファクシミリまたは電子メールで送信された場合。翌日、翌日配達のために送られた場合、翌日の配達サービスで送られた場合。受領時に、認定郵便または登録郵便で送信された場合は、領収書を返します。本契約は、法律の規定に関係なく、シンガポール共和国の法律に準拠するものとします。

 

市場で最も候補者の友好的な評価ツール