Search test library by skills or roles
⌘ K

About the test:

The scrum master test assesses a candidate's understanding of agile scrum principles and their ability to apply them in real life scenarios.

Covered skills:

  • General
  • Sprint
  • Charts
  • Impediments
See all covered skills

9 reasons why
9 reasons why

Adaface Scrum Master Test is the most accurate way to shortlist Technical Project Managers



Reason #1

Tests for on-the-job skills

スクラムマスターテストは、採用担当者と雇用マネージャーが履歴書のプールから資格のある候補者を特定するのに役立ち、客観的な雇用決定を下すのに役立ちます。それは、あまりにも多くの候補者へのインタビューの管理オーバーヘッドを減らし、資格のない候補者を除外することで時間を節約します。

ADAFACEスクラムマスターオンラインテスト画面典型的なスキルリクルーターの候補者は、スクラムマスターの役割を探します。

  • スクラムチームでの経験
  • 迅速に分析して考え、紛争を解決する能力
  • スクラムのギャップを埋めるためのテクニックの知識
  • スクラムとは何かとそうでないものを決定する能力
  • 成功したアジャイルテクニックの経験
  • チームと協力してリードする能力
  • 強力なコミュニケーション、対人スキル、メンタリングスキル

この評価から生成された洞察は、採用担当者と雇用マネージャーがスクラムマスターの役割に最適な候補者を特定することができます。アンチチート機能を使用すると、オンラインで評価を実施することに慣れることができます。スクラムマスターオンラインテストは、採用担当者がどの候補者が仕事でうまくやるスキルを持っているかを特定するのを支援するのに理想的です。

Reason #2

No trick questions

Traditional assessment tools use trick questions and puzzles for the screening, which creates a lot of frustration among candidates about having to go through irrelevant screening assessments.

The main reason we started Adaface is that traditional pre-employment assessment platforms are not a fair way for companies to evaluate candidates. At Adaface, our mission is to help companies find great candidates by assessing on-the-job skills required for a role.

Why we started Adaface ->
Reason #3

Non-googleable questions

We have a very high focus on the quality of questions that test for on-the-job skills. Every question is non-googleable and we have a very high bar for the level of subject matter experts we onboard to create these questions. We have crawlers to check if any of the questions are leaked online. If/ when a question gets leaked, we get an alert. We change the question for you & let you know.

これらは、10,000以上の質問のライブラリからのわずかなサンプルです。これに関する実際の質問 Scrum Master Test グーグルできません.

🧐 Question

Medium

Burndown Chart 1
metrics
Solve
Here’s a sprint burndown chart for team A at SpaceY Inc:
 image
Here’s a sprint burndown chart for team B at SpaceY Inc:
 image
We know the following about the graphs:

- Red line is the the ideal line: projected slope that depicts how the team progress would look like
- Black line is the actual effort line
- Story points are represented on Y-axis
- And time in weeks is represented on X-axis

Which of the following statements are true about SpaceY teams:
P: Team A started slowly and was moving behind schedule. Yet, they managed to finish the sprint in time
Q: Team A is working hard towards meeting the deadline but isn’t updating the burndown chart throughout the process, only at the end.
R: Team A’s next sprint’s capacity should be burned down or decreased so that the team can have to complete tasks/story points from the previous sprint
S: Team B started slowly but eventually caught up
T: Team B might have overestimated the project’s timeline

Medium

Stakeholders and Estimates
Stakeholders
Timelines
Solve
Emily is a product owner for a new application being built at Whalesforce Inc. To maintain visibility into project status, Emily has cut the project into chunks which different teams will be responsible for:
- DevOps team (DoT) will set up the servers. They have no dependencies and will take 4 weeks to set things up.
- Design team (DT) will design the screens for the application, have no dependencies and need 3 weeks to wrap up.
- Front-end team (FT) will need the designs to start the work, and will take 5 weeks to create the front-end components.
- Backend team (BT) will need input from DoT and DT to start designing the backend system, and will take 3 weeks to release the backend APIs.
- Security team (ST) will require server details from DoT, and will need 3 weeks to give a go-ahead.
- Integration team (IT) will require the front-end components and backend API to set up the integration. They will launch the application in 3 weeks.

The project is marked for internal release once IT and ST teams give a go-ahead.
Emily wants to communicate the best-case estimate for the internal release of the project to the major stakeholders. Can you help her with the estimate?

Medium

Story Velocity 2
Velocity
Metrics
Solve
Seloitte hires PopTal for developing a new mobile application. PopTal team follows Agile methodology for development and estimates the whole project to take up to 1000 points. In the first sprint the team commits to work on the following stories:

Story 1 - 6 points
Story 2 - 10 points
Story 3 - 16 points
The team completes Story 1 and 3 but only completes eighty percent of Story 2. Pick the correct statements:

A: The average velocity of the first sprint is 22 points
B: The average velocity of the first sprint is 30 points
C: Based on the average velocity, the product owner can notify the stakeholders that the project will take roughly 45 sprints to finish (assuming team size and members remain the same)
D: Based on the average velocity, the product owner can notify the stakeholders that the project will take roughly 33 sprints to finish (assuming team size and members remain the same)
🧐 Question🔧 Skill

Medium

Burndown Chart 1
metrics
2 mins
Agile/Scrum
Solve

Medium

Stakeholders and Estimates
Stakeholders
Timelines
2 mins
Agile/Scrum
Solve

Medium

Story Velocity 2
Velocity
Metrics
2 mins
Agile/Scrum
Solve
🧐 Question🔧 Skill💪 Difficulty⌛ Time
Burndown Chart 1
metrics
Agile/Scrum
Medium2 mins
Solve
Stakeholders and Estimates
Stakeholders
Timelines
Agile/Scrum
Medium2 mins
Solve
Story Velocity 2
Velocity
Metrics
Agile/Scrum
Medium2 mins
Solve
Reason #4

1200+ customers in 75 countries

Brandon

Adafaceを使用すると、初期スクリーニングプロセスを75%以上最適化することができ、採用マネージャーと人材獲得チームの両方にとって貴重な時間を解放しました!


Brandon Lee, 人々の頭, Love, Bonito

Reason #5

Designed for elimination, not selection

The most important thing while implementing the pre-employment Scrum Master Test in your hiring process is that it is an elimination tool, not a selection tool. In other words: you want to use the test to eliminate the candidates who do poorly on the test, not to select the candidates who come out at the top. While they are super valuable, pre-employment tests do not paint the entire picture of a candidate’s abilities, knowledge, and motivations. Multiple easy questions are more predictive of a candidate's ability than fewer hard questions. Harder questions are often "trick" based questions, which do not provide any meaningful signal about the candidate's skillset.

Reason #6

1 click candidate invites

Email invites: You can send candidates an email invite to the Scrum Master Test from your dashboard by entering their email address.

Public link: You can create a public link for each test that you can share with candidates.

API or integrations: You can invite candidates directly from your ATS by using our pre-built integrations with popular ATS systems or building a custom integration with your in-house ATS.

Reason #7

Detailed scorecards & comparative results

Reason #8

High completion rate

Adaface tests are conversational, low-stress, and take just 25-40 mins to complete.

This is why Adaface has the highest test-completion rate (86%), which is more than 2x better than traditional assessments.

Reason #9

Advanced Proctoring


スクラムマスターの役割について

スクラムは、チームワークを促進するフレームワークです。スクラムは、チームが経験を介して学ぶことを奨励し、問題に取り組んでいる間に自己組織化し、ラグビーチームのように継続的に改善するための勝利と損失を振り返ることを奨励しています(そこからその名前を取得します)。

スクラムマスターは、スクラムおよび開発チームの監督を支援します。彼らはアジャイルアプローチとスクラムに精通しており、これらの分野で他の人を教育することができます。また、スクラムチームとプロダクトオーナーの間のバッファーとしても機能し、競合を解決することでチームを安全に保つのに役立ちます。

####典型的なスクラムマスターの責任は次のとおりです。

  • アジャイル方法論とスクラムプラクティスの使用でスクラムチームを率いる
  • 製品所有者と開発チームが顧客満足度を達成するのを支援する
  • 自己組織化でスクラムと開発チームを率いる
  • 障害を削除し、障害を取り除くためにスクラムチームを指導する
  • スクラムと開発チームがアジャイルフレームワークで空白を特定して記入するのを支援する
  • 発生する競合と問題の解決
  • スクラムチームがより高いレベルのスクラムの成熟を達成するのを支援する
  • 製品所有者をサポートし、必要に応じて教育を提供する

What roles can I use the Scrum Master Test for?

  • Technical Project Manager
  • Scrum Master

What topics are covered in the Scrum Master Test?

アジャイル
スプリント
スクラム値
物語
ユーザーストーリー
アーティファクト
危機管理
タイムボックス
大作
タスク
レトロスペクティブミーティング
スプリント0
スパイク
製品バックログ
スプリントバックログ

完了の定義

ドッド
毎日のスクラム
自信投票
スクラムのスクラム

最小実行可能な製品

MVP

最小の市場性リリース

MMR
速度
使用人のリーダー
スコープクリープ
Singapore government logo

採用マネージャーは、パネルのインタビュー中に尋ねた技術的な質問を通して、どの候補者がより良いスコアを持っているかを知ることができ、得点しなかった人と差別化することができたと感じました。彼らです 非常に満足しています 候補者の品質は、ADAFACEスクリーニングで最終候補になりました。


85%
reduction in screening time

FAQ

複数のスキルを1つのカスタム評価に組み合わせることはできますか?

そのとおり。カスタム評価は、職務内容に基づいて設定され、指定したすべての必須スキルに関する質問が含まれます。

アンチチートまたは監督の機能はありますか?

次のアンチチート機能があります。

  • グーグル不可能な質問
  • IP監督
  • Webの提案
  • ウェブカメラの監督
  • 盗作の検出
  • 安全なブラウザ

[プロクチャリング機能](https://www.adaface.com/proctoring)の詳細をご覧ください。

テストスコアを解釈するにはどうすればよいですか?

留意すべき主なことは、評価が選択ツールではなく排除ツールであることです。スキル評価が最適化され、技術的にその役割の資格がない候補者を排除するのに役立ちます。これは、役割の最良の候補者を見つけるのに役立つために最適化されていません。したがって、評価を使用する理想的な方法は、しきい値スコア(通常は55%、ベンチマークを支援します)を決定し、インタビューの次のラウンドのしきい値を超えてスコアを上回るすべての候補者を招待することです。

このテストを使用できますか?

各ADAFACE評価は、職務記述書/理想的な候補者のペルソナにカスタマイズされます(当社の主題の専門家は、10000以上の質問のライブラリからあなたの評価に適切な質問を選択します)。この評価は、あらゆる経験レベルでカスタマイズできます。

すべての候補者は同じ質問を受け取りますか?

私は候補者です。練習テストを試すことはできますか?

いいえ。残念ながら、現時点では練習テストをサポートしていません。ただし、[サンプルの質問](https://www.adaface.com/questions)を使用するには、練習できます。

このテストを使用するコストはいくらですか?

無料トライアルを受けることはできますか?

私はちょうど有料プランに移りました。カスタム評価をリクエストするにはどうすればよいですか?

Join 1200+ companies in 75+ countries.
Try the most candidate friendly skills assessment tool today.
Ready to use the Adaface Scrum Master Test?
Ready to use the Adaface Scrum Master Test?
私たちとしゃべる
40 min tests.
No trick questions.
Accurate shortlisting.
Terms Privacy Trust Guide

🌎 Pick your language

English Norsk Dansk Deutsche Nederlands Svenska Français Español Chinese (简体中文) Italiano Japanese (日本語) Polskie Português Russian (русский)
Ada
Ada
● Online
Previous
Score: NA
Next
✖️