Search test library by skills or roles
⌘ K

About the test:

スクラムマスターテストは、スクラムフレームワーク、アジャイルな原則、およびスクラムマスターの役割に関する候補者の知識と理解を評価します。カバーされているトピックには、スプリント計画、製品バックログ管理、ユーザーストーリー、イテレーションレビュー、毎日のスタンドアップミーティング、回顧、スクラムアーティファクト、スクラムの役割が含まれます。

Covered skills:

  • スクラム
  • スプリント計画
  • ユーザーストーリー
  • 毎日のスタンドアップ
  • スクラムアーティファクト
  • スクラムイベント
  • アジャイルフレームワーク
  • 製品バックログ
  • 反復レビュー
  • レトロスペクティブ
  • スクラムの役割

Try practice test
9 reasons why
9 reasons why

Adaface スクラムマスターテスト is the most accurate way to shortlist スクラムマスターs



Reason #1

Tests for on-the-job skills

The スクラムマスターテスト helps recruiters and hiring managers identify qualified candidates from a pool of resumes, and helps in taking objective hiring decisions. It reduces the administrative overhead of interviewing too many candidates and saves time by filtering out unqualified candidates at the first step of the hiring process.

The test screens for the following skills that hiring managers look for in candidates:

  • スクラムの原則と実践を効果的に適用する能力
  • スプリント計画会議を促進する能力
  • 製品のバックログを管理および優先順位付けする能力
  • 明確で簡潔なユーザーストーリーを書く能力
  • 効果的な反復レビューを実施する能力
  • 毎日のスタンドアップミーティングをリードする能力
  • 遡及的セッションを促進する能力
  • スクラムアーティファクトを理解して利用する能力
  • スクラムの役割を効果的に実行する能力
  • スクラムイベントを計画および実行する能力
  • チームメンバーを指導および指導する能力
  • チーム内のコラボレーションと自己組織化を促進する能力
Reason #2

No trick questions

no trick questions

Traditional assessment tools use trick questions and puzzles for the screening, which creates a lot of frustration among candidates about having to go through irrelevant screening assessments.

View sample questions

The main reason we started Adaface is that traditional pre-employment assessment platforms are not a fair way for companies to evaluate candidates. At Adaface, our mission is to help companies find great candidates by assessing on-the-job skills required for a role.

Why we started Adaface
Try practice test
Reason #3

Non-googleable questions

We have a very high focus on the quality of questions that test for on-the-job skills. Every question is non-googleable and we have a very high bar for the level of subject matter experts we onboard to create these questions. We have crawlers to check if any of the questions are leaked online. If/ when a question gets leaked, we get an alert. We change the question for you & let you know.

How we design questions

これらは、10,000以上の質問のライブラリからのわずかなサンプルです。これに関する実際の質問 スクラムマスターテスト グーグルできません.

🧐 Question

Medium

Managing Dependencies
Backlog Management
Dependencies
Cross-functional Teams
Try practice test
You are a Scrum Master in an organization that is transitioning to Scrum. You have multiple Scrum Teams working on different parts of a large software product. Each team is working on different features, but those features have dependencies on one another. For example, Team A is working on a feature that cannot be completed until Team B completes another feature.

During the Sprint Planning, Team A chose a user story from its backlog that depends on the completion of a user story from Team B’s backlog. However, Team B can't guarantee that their user story will be done in the next sprint.

What should be the Scrum Master's approach to handle this scenario following Scrum principles?
A: Have Team A start working on the dependent user story with the hope that Team B finishes their part within the sprint.
B: Ask Team A to choose a different user story for this sprint that doesn't depend on Team B's work.
C: Arrange a joint session between Team A and Team B to revise their sprint plans, ensuring dependent user stories are completed in the same sprint.
D: Merge Team A and Team B for the next sprint to ensure they work together on the dependent user stories.
E: Delay the start of Team A’s sprint until Team B completes their user story.

Medium

Burndown Chart 1
Metrics
Try practice test
Here’s a sprint burndown chart for team A at SpaceY Inc:
 image
Here’s a sprint burndown chart for team B at SpaceY Inc:
 image
We know the following about the graphs:

- Red line is the the ideal line: projected slope that depicts how the team progress would look like
- Black line is the actual effort line
- Story points are represented on Y-axis
- And time in weeks is represented on X-axis

Which of the following statements are true about SpaceY teams:
P: Team A started slowly and was moving behind schedule. Yet, they managed to finish the sprint in time
Q: Team A is working hard towards meeting the deadline but isn’t updating the burndown chart throughout the process, only at the end.
R: Team A’s next sprint’s capacity should be burned down or decreased so that the team can have to complete tasks/story points from the previous sprint
S: Team B started slowly but eventually caught up
T: Team B might have overestimated the project’s timeline

Medium

Stakeholders and Estimates
Stakeholders
Timelines
Try practice test
Emily is a product owner for a new application being built at Whalesforce Inc. To maintain visibility into project status, Emily has cut the project into chunks which different teams will be responsible for:
- DevOps team (DoT) will set up the servers. They have no dependencies and will take 4 weeks to set things up.
- Design team (DT) will design the screens for the application, have no dependencies and need 3 weeks to wrap up.
- Front-end team (FT) will need the designs to start the work, and will take 5 weeks to create the front-end components.
- Backend team (BT) will need input from DoT and DT to start designing the backend system, and will take 3 weeks to release the backend APIs.
- Security team (ST) will require server details from DoT, and will need 3 weeks to give a go-ahead.
- Integration team (IT) will require the front-end components and backend API to set up the integration. They will launch the application in 3 weeks.

The project is marked for internal release once IT and ST teams give a go-ahead.
Emily wants to communicate the best-case estimate for the internal release of the project to the major stakeholders. Can you help her with the estimate?

Medium

Story Velocity 2
Velocity
Metrics
Try practice test
Seloitte hires PopTal for developing a new mobile application. PopTal team follows Agile methodology for development and estimates the whole project to take up to 1000 points. In the first sprint the team commits to work on the following stories:

Story 1 - 6 points
Story 2 - 10 points
Story 3 - 16 points
The team completes Story 1 and 3 but only completes eighty percent of Story 2. Pick the correct statements:

A: The average velocity of the first sprint is 22 points
B: The average velocity of the first sprint is 30 points
C: Based on the average velocity, the product owner can notify the stakeholders that the project will take roughly 45 sprints to finish (assuming team size and members remain the same)
D: Based on the average velocity, the product owner can notify the stakeholders that the project will take roughly 33 sprints to finish (assuming team size and members remain the same)
🧐 Question🔧 Skill

Medium

Managing Dependencies
Backlog Management
Dependencies
Cross-functional Teams

2 mins

Agile/Scrum
Try practice test

Medium

Burndown Chart 1
Metrics

2 mins

Agile/Scrum
Try practice test

Medium

Stakeholders and Estimates
Stakeholders
Timelines

2 mins

Agile/Scrum
Try practice test

Medium

Story Velocity 2
Velocity
Metrics

3 mins

Agile/Scrum
Try practice test
🧐 Question🔧 Skill💪 Difficulty⌛ Time
Managing Dependencies
Backlog Management
Dependencies
Cross-functional Teams
Agile/Scrum
Medium2 mins
Try practice test
Burndown Chart 1
Metrics
Agile/Scrum
Medium2 mins
Try practice test
Stakeholders and Estimates
Stakeholders
Timelines
Agile/Scrum
Medium2 mins
Try practice test
Story Velocity 2
Velocity
Metrics
Agile/Scrum
Medium3 mins
Try practice test
Reason #4

1200+ customers in 75 countries

customers in 75 countries
Brandon

Adaface を使用することで、最初の選考プロセスを 75% 以上最適化することができ、採用担当マネージャーと人材獲得チームの両方にとって貴重な時間を同様に解放することができました。


Brandon Lee, 人々の責任者, Love, Bonito

Try practice test
Reason #5

Designed for elimination, not selection

The most important thing while implementing the pre-employment スクラムマスターテスト in your hiring process is that it is an elimination tool, not a selection tool. In other words: you want to use the test to eliminate the candidates who do poorly on the test, not to select the candidates who come out at the top. While they are super valuable, pre-employment tests do not paint the entire picture of a candidate’s abilities, knowledge, and motivations. Multiple easy questions are more predictive of a candidate's ability than fewer hard questions. Harder questions are often "trick" based questions, which do not provide any meaningful signal about the candidate's skillset.

Science behind Adaface tests
Reason #6

1 click candidate invites

Email invites: You can send candidates an email invite to the スクラムマスターテスト from your dashboard by entering their email address.

Public link: You can create a public link for each test that you can share with candidates.

API or integrations: You can invite candidates directly from your ATS by using our pre-built integrations with popular ATS systems or building a custom integration with your in-house ATS.

invite candidates
Reason #7

Detailed scorecards & benchmarks

サンプルスコアカードを表示します
Try practice test
Reason #8

High completion rate

Adaface tests are conversational, low-stress, and take just 25-40 mins to complete.

This is why Adaface has the highest test-completion rate (86%), which is more than 2x better than traditional assessments.

test completion rate
Reason #9

Advanced Proctoring


Learn more

About the スクラムマスターテスト

Why you should use スクラムマスターテスト?

The スクラムマスターテスト makes use of scenario-based questions to test for on-the-job skills as opposed to theoretical knowledge, ensuring that candidates who do well on this screening test have the relavant skills. The questions are designed to covered following on-the-job aspects:

  • スクラムフレームワークとその原則の知識
  • アジャイル方法論の理解
  • スプリントの計画と実行の習熟度
  • 製品のバックログを管理および優先順位付けする能力
  • 効果的なユーザーストーリーを書く経験
  • 反復レビューを実施する能力
  • 毎日のスタンドアップミーティングを促進するのに熟練しています
  • 回顧展の実施に関する専門知識
  • バーンダウンチャートなどのスクラムアーティファクトに精通しています
  • スクラムの役割と責任の理解

Once the test is sent to a candidate, the candidate receives a link in email to take the test. For each candidate, you will receive a detailed report with skills breakdown and benchmarks to shortlist the top candidates from your pool.

What topics are covered in the スクラムマスターテスト?

  • スクラム

    スクラムは、複雑なプロジェクトの管理に使用されるアジャイルフレームワークです。反復的な開発、チームワーク、継続的なフィードバックを強調しています。このスキルは、開発プロセスを効果的に促進するためにスクラムの原則と実践を深く理解する必要があるため、テストで測定されます。

  • アジャイルフレームワーク

    アジャイルフレームワークはプロジェクト管理とソフトウェア開発への反復アプローチ。適応的計画、進化開発、および早期配信を促進します。テストでこのスキルを測定するのに役立つのは、リクルーターが実際のコンテキストでアジャイルな原則と実践を適用するスクラムマスターの能力を評価するのに役立ちます。スクラムチームは、スプリントで行われる作業を定義します。製品のバックログからユーザーストーリーを選択し、努力を推定し、スプリントバックログを作成することが含まれます。このスキルは、効果的なスプリント計画を通じてチームを導き、現実的なコミットメントと優先順位付けを確実にすることでスクラムマスターの習熟度を評価するためにテストで測定されます。

  • 製品バックログは優先順位付けされています目的の製品機能、機能強化、および欠陥のリスト。スクラムチームの単一の要件のソースとして機能します。このテストでのこのスキルを評価することで、リクルーターは製品のバックログを管理および改良する方法をスクラムマスターの理解を測定し、それが十分に服用され、全体的な製品ビジョンと一致するようにします。</p> <h4>ユーザーストーリー</h4 > <p>ユーザーストーリーは、目的のソフトウェア機能の簡潔で非公式の説明です。エンドユーザーの視点に焦点を当て、開発チームと利害関係者の間の会話のプレースホルダーとして機能します。テストでこのスキルを測定することで、リクルーターはスクラムマスターのユーザーストーリーを効果的に作成、改良、優先順位付けする能力を評価し、明確なコミュニケーションと共有理解を確保することができます。</p> <h4>反復レビュー

    反復レビュー、Sprint Reviewとしても知られているのは、ScrumチームがSprintへの利害関係者への作業を提示する共同会議です。フィードバックを収集し、製品のバックログを適応させ、次のステップを計画する機会を提供します。このスキルは、生産的な反復レビュー会議を促進し、貴重な洞察と継続的な改善を確保するためのスクラムマスターの習熟度を評価するためにテストで測定されます。

  • 毎日のスタンドアップ

    スクラムチームが開催した短いタイムボックス化された会議で、作業を同期し、障害を特定します。それには、各チームメンバーが自分がしたこと、彼らがすることを計画していること、そして彼らに課題があるかどうかを共有することが含まれます。このテストでこのスキルを評価することで、リクルーターは、効果的な毎日のスタンドアップを促進するスクラムマスターの能力を評価し、チーム内の透明性、コラボレーション、および調整を確保するのに役立ちます。スクラムチームが過去のスプリントを反映し、改善のための領域を特定する構造化された会議。経験から学び、チームのパフォーマンスを継続的に向上させることに焦点を当てています。テストでこのスキルを測定することで、リクルーターは、オープンなコミュニケーション、建設的なフィードバック、および実用的な改善計画のために安全な環境を育てる回顧展を行う際のスクラムマスターの習熟度を評価できます。

  • スクラムアーティファクト

    スクラムアーティファクトは、スクラムでの検査と適応の透明性と機会を提供する具体的な成果物です。製品のバックログ、スプリントバックログ、インクリメントが含まれます。テストでこのスキルを評価するのに役立つのは、リクルーターがスクラムマスターの理解を評価し、スクラムアーティファクトを効果的に管理および利用して開発プロセスをサポートし、製品価値を確保するのに役立ちます。

  • スクラムの役割

    スクラムフレームワーク内の説明責任と責任を定義します。これらの役割には、スクラムマスター、プロダクトオーナー、開発チームが含まれます。このスキルは、さまざまな役割、相互作用、スクラムの実装とプロジェクトの成功への影響に関するスクラムマスターの知識を評価するためにテストで測定されます。

  • スクラムイベント

    スクラムイベントはスクラムでの検査と適応のための定期的かつ予測可能な機会を提供するタイムボックス式の儀式。スプリント計画、毎日のスタンドアップ、反復レビュー、および回顧展が含まれます。テストでこのスキルを評価することで、リクルーターは各スクラムイベントの目的、フロー、および促進技術についてのスクラムマスターの理解を評価し、効果的なコラボレーションと継続的な改善を確保することができます。

  • Full list of covered topics

    The actual topics of the questions in the final test will depend on your job description and requirements. However, here's a list of topics you can expect the questions for スクラムマスターテスト to be based on.

    スクラムの紹介
    アジャイルフレームワーク
    スクラム値
    スクラムの役割
    プロダクトオーナー
    スクラムマスター
    開発チーム
    スクラムイベント
    スプリント計画
    毎日のスタンドアップ
    スプリントレビュー
    スプリントレトロスペクティブ
    スクラムアーティファクト
    製品バックログ
    スプリントバックログ
    ユーザーストーリー
    合否基準
    完了の定義
    推定技術
    計画ポーカー
    相対的なサイジング
    ストーリーポイント
    速度
    バーンダウンチャート
    タスクボード
    毎日のスクラムの質問
    障害の解決
    チームエンパワーメント
    コラボレーションテクニック
    アジャイルマニフェスト
    スクラムフレームワーク
    アジャイルの原則
    スクラムの利点
    スクラム採用
    スクラム用語
    スクラムセレモニー
    スクラムメトリック
    スクラムボード
    スクラムミーティング
    スクラムのスタンドアップ
    スクラムの進行状況追跡
    スクラムのドキュメント
    スクラムツール
    スクラムテクニック
    スクラムベストプラクティス
    スクラムの挑戦
    スクラムケーススタディ
    スクラムリソース
    スクラム認定
    スクラムインタビュー
Try practice test

What roles can I use the スクラムマスターテスト for?

  • スクラムマスター
  • プロダクトオーナー
  • アジャイルコーチ
  • プロジェクトマネージャー
  • リリースマネージャー

How is the スクラムマスターテスト customized for senior candidates?

For intermediate/ experienced candidates, we customize the assessment questions to include advanced topics and increase the difficulty level of the questions. This might include adding questions on topics like

  • スクラムイベントを調整する習熟度
  • チームメンバーにガイダンスとメンタリングを提供する機能
  • プロジェクトの障害を特定して解決する能力
  • スクラムのスクラムミーティングを実施する際の専門知識
  • 共同意思決定のための促進技術の知識
  • 分散チームまたはリモートチームの管理の経験
  • 製品所有者の関係を作成および維持する習熟度
  • 優先順位付けについて、製品所有者を指導およびガイドする能力
  • チームのダイナミクスと競合を効果的に処理する能力
  • アジャイルプロジェクト管理ツールとソフトウェアを使用する専門知識
  • アジャイルとスクラムのためのトレーニングセッションとワークショップを実施する習熟度
Singapore government logo

採用担当者は、パネル面接中に尋ねる専門的な質問を通じて、どの候補者がより良いスコアを持っているかを判断し、スコアが低い候補者と区別できると感じました。彼らです 非常に満足 Adaface のスクリーニングで最終候補者リストに選ばれた候補者の質を重視します。


85%
スクリーニング時間の短縮

スクラムマスターテスト よくある質問

複数のスキルを1つのカスタム評価に組み合わせることはできますか?

そのとおり。カスタム評価は、職務内容に基づいて設定され、指定したすべての必須スキルに関する質問が含まれます。

アンチチートまたは監督の機能はありますか?

次のアンチチート機能があります。

  • グーグル不可能な質問
  • IP監督
  • Webの提案
  • ウェブカメラの監督
  • 盗作の検出
  • 安全なブラウザ

[プロクチャリング機能](https://www.adaface.com/proctoring)の詳細をご覧ください。

テストスコアを解釈するにはどうすればよいですか?

留意すべき主なことは、評価が選択ツールではなく排除ツールであることです。スキル評価が最適化され、技術的にその役割の資格がない候補者を排除するのに役立ちます。これは、役割の最良の候補者を見つけるのに役立つために最適化されていません。したがって、評価を使用する理想的な方法は、しきい値スコア(通常は55%、ベンチマークを支援します)を決定し、インタビューの次のラウンドのしきい値を超えてスコアを上回るすべての候補者を招待することです。

このテストを使用できますか?

各ADAFACE評価は、職務記述書/理想的な候補者のペルソナにカスタマイズされます(当社の主題の専門家は、10000以上の質問のライブラリからあなたの評価に適切な質問を選択します)。この評価は、あらゆる経験レベルでカスタマイズできます。

すべての候補者は同じ質問を受け取りますか?

私は候補者です。練習テストを試すことはできますか?

いいえ。残念ながら、現時点では練習テストをサポートしていません。ただし、[サンプルの質問](https://www.adaface.com/questions)を使用するには、練習できます。

このテストを使用するコストはいくらですか?

無料トライアルを受けることはできますか?

私はちょうど有料プランに移りました。カスタム評価をリクエストするにはどうすればよいですか?

customers across world
Join 1200+ companies in 75+ countries.
今日、最も候補者のフレンドリーなスキル評価ツールをお試しください。
g2 badges
Ready to use the Adaface スクラムマスターテスト?
Ready to use the Adaface スクラムマスターテスト?
私たちとしゃべる
ada
Ada
● Online
✖️