Search test library by skills or roles
⌘ K

About the test:

Reactテストでは、シナリオベースのMCQ質問を使用して、Reactコンポーネントライフサイクルの理解、JSX、ユーザーイベント、React状態、機能コンポーネント、フックを使用して動的なReactアプリケーションを作成する能力を評価します。このテストには、ES6の基礎、Dom、Fetch、Promises、Async / awaitを評価するJavaScript MCQがあります。このテストには、実践的なJavaScriptプログラミングスキルを評価するためのコーディングの質問が含まれています。

Covered skills:

  • JSXを使用したコンテンツの構築
  • クラスベースのコンポーネント
  • ライフサイクル方法
  • ReactでAPIリクエストを行う
  • DOMアクセスにREFを使用します
  • コンポーネントとルートナビゲーション
  • 国家管理ライブラリとの統合の統合
  • Reactでコンテキストシステムを使用します
  • 小道具との通信
  • 反応状態
  • フォームとイベントでユーザー入力を処理します
  • 記録の建物リスト
  • 反応のフックを理解する
  • Reactアプリの展開
  • Reactで認証を処理します

9 reasons why
9 reasons why

Adaface ReactJSオンラインテスト is the most accurate way to shortlist ReactJS開発者s



Reason #1

Tests for on-the-job skills

The ReactJSオンラインテスト helps recruiters and hiring managers identify qualified candidates from a pool of resumes, and helps in taking objective hiring decisions. It reduces the administrative overhead of interviewing too many candidates and saves time by filtering out unqualified candidates at the first step of the hiring process.

The test screens for the following skills that hiring managers look for in candidates:

  • JSXを使用したコンテンツの構築
  • 小道具との通信
  • クラスベースのコンポーネントの実装
  • 反応状態の管理
  • React Lifecycle Methodを使用します
  • フォームとイベントでユーザー入力を処理します
  • ReactでAPIリクエストを行う
  • 記録の建物リスト
  • REFでDOMにアクセスします
  • 反応のフックを理解する
  • コンポーネントとルートナビゲーション
  • Reactアプリの展開
  • 国家管理ライブラリとの統合の統合
  • Reactで認証を処理します
  • Reactでコンテキストシステムを使用します
Reason #2

No trick questions

no trick questions

Traditional assessment tools use trick questions and puzzles for the screening, which creates a lot of frustration among candidates about having to go through irrelevant screening assessments.

View sample questions

The main reason we started Adaface is that traditional pre-employment assessment platforms are not a fair way for companies to evaluate candidates. At Adaface, our mission is to help companies find great candidates by assessing on-the-job skills required for a role.

Why we started Adaface
Reason #3

Non-googleable questions

We have a very high focus on the quality of questions that test for on-the-job skills. Every question is non-googleable and we have a very high bar for the level of subject matter experts we onboard to create these questions. We have crawlers to check if any of the questions are leaked online. If/ when a question gets leaked, we get an alert. We change the question for you & let you know.

How we design questions

これらは、10,000以上の質問のライブラリからのわずかなサンプルです。これに関する実際の質問 React.jsオンラインテスト グーグルできません.

🧐 Question

Hard

Context re-renders
React Context API
Conditional Rendering
Component Lifecycle State
Solve
Review the following React code:
 image
Pick the correct statements:

A: The code renders 10 INDIAN RUPEE
B: The code renders 10 SINGAPORE DOLLAR
C: The code does not render anything and throws an error since JavaScript objects are not valid as React children
D: When the currency portion is clicked, the parent component is re-rendered
E: When the currency portion is clicked, parent component will skip the re-render because shouldComponentUpdate returns false
F: Parent component can be converted to a functional component with memoization (useMemo or memo) to avoid the re-render

Medium

Hooks with Conditional Rendering
Hooks
Conditional Rendering
Event Handling
Solve
Consider a React functional component that utilizes various hooks and conditional rendering. The component is designed to fetch and display a list of items from an API, with the ability to filter the list based on user input. Here's the pseudo-code structure:
 image
In this component, which of the following is a potential issue or inefficiency?
A: The component will re-render excessively due to the `setFilter` call.
B: The `useEffect` hook will run on every render, causing performance issues.
C: The `fetchItems` function may cause a memory leak if the component unmounts during the fetch.
D: The `useMemo` hook for `filteredItems` is unnecessary and can be removed without impact.
E: The component will fail to display items when the filter is cleared.
F: There are no significant issues; the component is implemented optimally.

Medium

Rhyme Reducer
Reducer functions
Immutable update patterns
Lazy initialization
Solve
Which of the following React code snippets
- triggers the reducer ‘rhymeReducer’ to update the ‘song’ value to ‘Jack and Jill’
- renders the updated ‘song’ value
- does not produce any errors/warnings
 image
 image

Hard

State Handling with Custom Hooks
Custom Hooks
Context API
Event Handling
Solve
Consider a React application where a custom hook `useComplexState` is defined to manage a complex state object. The application also uses the Context API to pass down the state and dispatch function. Below is the pseudo-code for the custom hook and a component using it:
 image
Given this setup, which of the following statements best describes the potential issue or challenge with `MyComponent`?
A: The component will not re-render when the global state changes.
B: The `fetchData` function will cause an infinite loop of re-renders.
C: The component will lose its state when the global state updates.
D: There will be a memory leak due to improper cleanup in `useEffect`.
E: The `dispatch` function from `useComplexState` will conflict with the global dispatch.
F: There is no issue; the component is implemented correctly.

Medium

Async Await Promises
Promises
Async-Await
Solve
What will the following code output?
 image
A: 24 after 5 seconds and after another 5 seconds, another 24
B: 24 followed by another 24 immediately
C: 24 immediately and another 24 after 5 seconds
D: After 5 seconds, 24 and 24
E: Undefined
F: NaN
G: None of these

Medium

Bitcoin prices
Axios
Promises
Solve
Review the following JavaScript code and pick the correct options: 
 image
Assume that the API returns a successful 200 response code and a JSON object as the response body. What would the value of ‘a’ be after the code is executed?

Medium

My Module
Scope
Solve
What will the output of the following JavaScript code be?
 image
 image

Medium

Promise Resolve
Promises
Async-Await
Solve
What does the following code output? 
 image

Easy

Throw, Try, Async
Promises
Async-Await
Solve
What does the following JS code output?
 image

Easy

Registration Queue
Logic
Queues
Solve
We want to register students for the next semester. All students have a receipt which shows the amount pending for the previous semester. A positive amount (or zero) represents that the student has paid extra fees, and a negative amount represents that they have pending fees to be paid. The students are in a queue for the registration. We want to arrange the students in a way such that the students who have a positive amount on the receipt get registered first as compared to the students who have a negative amount. We are given a queue in the form of an array containing the pending amount.
For example, if the initial queue is [20, 70, -40, 30, -10], then the final queue will be [20, 70, 30, -40, -10]. Note that the sequence of students should not be changed while arranging them unless required to meet the condition.
⚠️⚠️⚠️ Note:
- The first line of the input is the length of the array. The second line contains all the elements of the array.
- The input is already parsed into an array of "strings" and passed to a function. You will need to convert string to integer/number type inside the function.
- You need to "print" the final result (not return it) to pass the test cases.

For the example discussed above, the input will be:
5
20 70 -40 30 -10

Your code needs to print the following to the standard output:
20 70 30 -40 -10

Medium

Visitors Count
Strings
Logic
Solve
A manager hires a staff member to keep a record of the number of men, women, and children visiting the museum daily. The staff will note W if any women visit, M for men, and C for children. You need to write code that takes the string that represents the visits and prints the count of men, woman and children. The sequencing should be in decreasing order. 
Example:

Input:
WWMMWWCCC

Expected Output: 
4W3C2M

Explanation: 
‘W’ has the highest count, then ‘C’, then ‘M’. 
⚠️⚠️⚠️ Note:
- The input is already parsed and passed to a function.
- You need to "print" the final result (not return it) to pass the test cases.
- If the input is- “MMW”, then the expected output is "2M1W" since there is no ‘C’.
- If any of them have the same count, the output should follow this order - M, W, C.
🧐 Question🔧 Skill

Hard

Context re-renders
React Context API
Conditional Rendering
Component Lifecycle State

3 mins

React
Solve

Medium

Hooks with Conditional Rendering
Hooks
Conditional Rendering
Event Handling

3 mins

React
Solve

Medium

Rhyme Reducer
Reducer functions
Immutable update patterns
Lazy initialization

3 mins

React
Solve

Hard

State Handling with Custom Hooks
Custom Hooks
Context API
Event Handling

3 mins

React
Solve

Medium

Async Await Promises
Promises
Async-Await

2 mins

JavaScript
Solve

Medium

Bitcoin prices
Axios
Promises

2 mins

JavaScript
Solve

Medium

My Module
Scope

2 mins

JavaScript
Solve

Medium

Promise Resolve
Promises
Async-Await

2 mins

JavaScript
Solve

Easy

Throw, Try, Async
Promises
Async-Await

2 mins

JavaScript
Solve

Easy

Registration Queue
Logic
Queues

30 mins

Coding
Solve

Medium

Visitors Count
Strings
Logic

30 mins

Coding
Solve
🧐 Question🔧 Skill💪 Difficulty⌛ Time
Context re-renders
React Context API
Conditional Rendering
Component Lifecycle State
React
Hard3 mins
Solve
Hooks with Conditional Rendering
Hooks
Conditional Rendering
Event Handling
React
Medium3 mins
Solve
Rhyme Reducer
Reducer functions
Immutable update patterns
Lazy initialization
React
Medium3 mins
Solve
State Handling with Custom Hooks
Custom Hooks
Context API
Event Handling
React
Hard3 mins
Solve
Async Await Promises
Promises
Async-Await
JavaScript
Medium2 mins
Solve
Bitcoin prices
Axios
Promises
JavaScript
Medium2 mins
Solve
My Module
Scope
JavaScript
Medium2 mins
Solve
Promise Resolve
Promises
Async-Await
JavaScript
Medium2 mins
Solve
Throw, Try, Async
Promises
Async-Await
JavaScript
Easy2 mins
Solve
Registration Queue
Logic
Queues
Coding
Easy30 minsSolve
Visitors Count
Strings
Logic
Coding
Medium30 minsSolve
Reason #4

1200+ customers in 75 countries

customers in 75 countries
Brandon

Adaface を使用することで、最初の選考プロセスを 75% 以上最適化することができ、採用担当マネージャーと人材獲得チームの両方にとって貴重な時間を同様に解放することができました。


Brandon Lee, 人々の責任者, Love, Bonito

Reason #5

Designed for elimination, not selection

The most important thing while implementing the pre-employment React.jsオンラインテスト in your hiring process is that it is an elimination tool, not a selection tool. In other words: you want to use the test to eliminate the candidates who do poorly on the test, not to select the candidates who come out at the top. While they are super valuable, pre-employment tests do not paint the entire picture of a candidate’s abilities, knowledge, and motivations. Multiple easy questions are more predictive of a candidate's ability than fewer hard questions. Harder questions are often "trick" based questions, which do not provide any meaningful signal about the candidate's skillset.

Science behind Adaface tests
Reason #6

1 click candidate invites

Email invites: You can send candidates an email invite to the React.jsオンラインテスト from your dashboard by entering their email address.

Public link: You can create a public link for each test that you can share with candidates.

API or integrations: You can invite candidates directly from your ATS by using our pre-built integrations with popular ATS systems or building a custom integration with your in-house ATS.

invite candidates
Reason #7

Detailed scorecards & benchmarks

サンプルスコアカードを表示します
Reason #8

High completion rate

Adaface tests are conversational, low-stress, and take just 25-40 mins to complete.

This is why Adaface has the highest test-completion rate (86%), which is more than 2x better than traditional assessments.

test completion rate
Reason #9

Advanced Proctoring


Learn more

About the ReactJSオンラインテスト

Why you should use ReactJSオンラインテスト?

The React.jsオンラインテスト makes use of scenario-based questions to test for on-the-job skills as opposed to theoretical knowledge, ensuring that candidates who do well on this screening test have the relavant skills. The questions are designed to covered following on-the-job aspects:

  • JSXを使用したコンテンツの構築
  • 小道具との通信
  • クラスベースのコンポーネント
  • 反応状態
  • ライフサイクル方法
  • フォームとイベントでユーザー入力を処理します
  • ReactでAPIリクエストを行う
  • 記録の建物リスト
  • DOMアクセスにREFを使用します
  • 反応のフックを理解する

Once the test is sent to a candidate, the candidate receives a link in email to take the test. For each candidate, you will receive a detailed report with skills breakdown and benchmarks to shortlist the top candidates from your pool.

What topics are covered in the ReactJSオンラインテスト?

  • JSXを使用したコンテンツの構築

    JSXを使用した構築コンテンツは、JSX構文を使用してReactでユーザーインターフェイスコンポーネントを作成することを意味します。 JSXは、JavaScriptファイルにHTMLのようなコードを作成できるJavaScriptの構文拡張機能です。このスキルは、JSXを理解および使用して動的で再利用可能なUIコンポーネントを作成する候補者の能力を評価するために、テストで測定する必要があります。

  • 小道具との通信

    反応のあるコンポーネントから別のコンポーネント。小道具は、親コンポーネントから子コンポーネントに情報を渡す方法です。このスキルは、コンポーネント間でデータを効果的に伝えるコンポーネント階層を設計および実装する候補者の能力を評価するために、テストで測定する必要があります。 Reactで再利用可能なコンポーネントを定義および作成する方法。これらは、ベースReactコンポーネントクラスを拡張するJavaScriptクラスとして実装されています。このスキルは、クラスベースのコンポーネント構文に関する候補者の理解と、クラスメソッドを使用してコンポーネント状態を作成および管理する能力を評価するために、テストで測定する必要があります。 Reactが提供する状態管理システムを指します。 Stateは、コンポーネントが独自のデータを保持および管理できるようにします。これは、変更に応じて自動的に更新およびレンダリングできます。このスキルは、Reactにおける国家管理に関する候補者の理解と、ユーザーアクションとデータの変更に応答する動的でインタラクティブなUIコンポーネントを作成する能力を評価するために、テストで測定する必要があります。

  • ライフサイクル方法

    Reactのライフサイクル方法は、マウントまたは更新されたときなど、コンポーネントのライフサイクル中に特定のポイントで自動的に呼び出される特別な方法です。データの取得、イベントへの購読、コンポーネントの状態の更新などのタスクを実行するためのフックを提供します。このスキルは、候補者がReactのライフサイクル方法に精通し、コンポーネントの動作を制御および管理するために効果的に利用する能力に精通していることをテストで測定する必要があります。

  • フォームとイベントでユーザー入力を処理する> <p>フォームとイベントでユーザー入力を処理するには、Reactでユーザー入力をキャプチャおよび処理することが含まれます。このスキルは、制御されたフォームコンポーネントを作成し、フォームの提出を処理し、クリック、キープレス、マウスの動きなどのユーザーイベントに応答する候補者の能力を評価するために、テストで測定する必要があります。</p> <h4> React

    API要求をReactで作成するには、外部APIからデータを取得し、Reactコンポーネントに統合することが含まれます。このスキルは、フェッチAPIやaxiosなどのツールを使用して非同期リクエストを行い、応答を処理し、検索されたデータでコンポーネント状態を更新するという候補者の知識を評価するために、テストで測定する必要があります。

  • 記録のビルディングリスト

    Reactのレコードの構築リストとは、データに基づいたアイテムの動的リストのレンダリングを指します。このスキルは、テストで測定して、一連のデータをマッピングし、動的リストコンポーネントを生成し、Reactで効率的にレンダリングする候補者の能力を評価する必要があります。 P> DOMアクセスにREFを使用すると、Reactコンポーネントの基礎となるDOM要素に直接アクセスできます。 REFは、入力フィールドの値を取得したり、フォーカスイベントのトリガーなど、DOMと対話する方法を指示します。このスキルは、候補者のREFの理解とDOMの操作とアクセスのためにそれらを効果的に使用する能力を評価するために、テストで測定する必要があります。 Reactで導入されたフック機能を利用して、状態およびライフサイクル機能を備えた機能コンポーネントを書き込むことについてです。フックは、機能コンポーネントの状態やライフサイクルの方法などの反応機能を使用する方法を提供し、それらをより簡単に書き、理解し、テストしやすくします。このスキルは、候補者のフックに精通していることと、それらを活用して反応の機能的でステートフルなコンポーネントを構築する能力を評価するために、テストで測定する必要があります。 Reactのルートナビゲーションには、Reactアプリケーション内のナビゲーションとルーティングの管理が含まれます。このスキルは、Reactルーターまたは他のルーティングライブラリに関する候補者の理解を評価するために、テストで測定する必要があります。 </h4> <p> Reactアプリを展開するということは、ホスティングプラットフォームまたはサーバーに展開することにより、Reactアプリケーションをユーザーが利用できるようにすることを意味します。このスキルは、ビルド最適化、環境構成、展開戦略など、反応アプリケーションの展開プロセスに関する候補者の知識を評価するためにテストで測定する必要があります。 P> Reactの統合状態管理ライブラリには、ReduxやMobxなどのライブラリを使用して、Reactアプリケーションのグローバルな状態を管理することが含まれます。このスキルは、候補者が州の管理概念に精通していることを評価し、複雑なデータフローと共有状態を管理するためのReactアプリケーションで州の管理ライブラリを統合および利用する能力を評価するために、テストで測定する必要があります。 </h4> <p> Reactを使用した認証の取り扱いには、Reactアプリケーションにユーザー認証と承認を実装することが含まれます。このスキルは、テストで測定して、認証フローを実装し、ユーザーセッションを処理し、ルートを保護し、ユーザーの資格情報と認証トークンを対応アプリケーション内で安全に管理する能力を評価する必要があります。

  • React

    コンテキストシステムを使用すると、コンポーネントツリーのあらゆるレベルに小道具を渡すことなく、コンポーネント間でデータまたは状態を共有できます。コンテキストは、コンテキストツリー内の任意のコンポーネントから値または状態にアクセスする方法を提供します。このスキルは、テストで測定して、候補者がReactにおけるコンテキストAPIの理解を評価し、それを利用してデータを共有し、アプリケーション全体の状態をより効率的でスケーラブルな方法で管理する能力を評価する必要があります。

  • Full list of covered topics

    The actual topics of the questions in the final test will depend on your job description and requirements. However, here's a list of topics you can expect the questions for React.jsオンラインテスト to be based on.

    JSX構文
    JSX式
    コンポーネントレンダリング
    コンポーネントの小道具
    コンポーネント構成
    コンポーネント状態
    状態および小道具の更新
    ライフサイクル方法:ComponentDidMount
    ライフサイクル方法:componentDidupdate
    ライフサイクル方法:ComponentWillunMount
    イベント処理
    フォームハンドリング
    Fetchを使用したAPIリクエスト
    AXIOSでAPI要求
    データ操作
    レンダリングリスト
    refsを備えたdomアクセス
    UseStateを理解する
    使用効果を理解する
    反応ルーター
    Reactルーター:ルートパラメーター
    Reactルーター:リダイレクト
    展開オプション
    Reduxとの統合
    mobxとの統合
    ユーザ認証
    コンテキストシステム:プロバイダーと消費者
    コンテキストシステム:useContext
    コンテキストシステム:usereducer
    コンテキストシステム:カスタムフック
    コンテキストシステム:複数のコンテキスト

What roles can I use the ReactJSオンラインテスト for?

  • ReactJS開発者
  • ソフトウェア開発者(React)
  • フルスタックWeb開発者
  • フロントエンドエンジニア(React)
  • ソフトウェアエンジニア(ReactJS)
  • ウェブ開発者
  • シニアReactJS開発者
  • JavaScriptエンジニア(React)
  • シニアウェブエンジニア

How is the ReactJSオンラインテスト customized for senior candidates?

For intermediate/ experienced candidates, we customize the assessment questions to include advanced topics and increase the difficulty level of the questions. This might include adding questions on topics like

  • コンポーネントとルートナビゲーション
  • Reactアプリの展開
  • 国家管理ライブラリとの統合の統合
  • Reactで認証を処理します
  • Reactでコンテキストシステムを使用します
  • テスト反応コンポーネント
  • Reactのパフォーマンスの最適化
  • Reactを使用したサーバー側のレンダリング
  • Reactのフロントエンドセキュリティ
  • Reactを使用してプログレッシブWebアプリを構築します

The coding question for experienced candidates will be of a higher difficulty level to evaluate more hands-on experience.

Singapore government logo

採用担当者は、パネル面接中に尋ねる専門的な質問を通じて、どの候補者がより良いスコアを持っているかを判断し、スコアが低い候補者と区別できると感じました。彼らです 非常に満足 Adaface のスクリーニングで最終候補者リストに選ばれた候補者の質を重視します。


85%
スクリーニング時間の短縮

ReactJSオンラインテスト よくある質問

同じテストでReactとTypeScriptを評価できますか?

はい。有料プランに移動したら、カスタム評価をリクエストできます。同じ評価で複数のスキルを評価する職務記述書とサポートに従って評価をカスタマイズします。

Can I evaluate React, JavaScript and HTML/ CSS in the same test?

Yes. The test already comes with MCQs to evaluate JavaScript fundamentals and coding questions to evaluate hands-on JavaScript programming skills. We can customize the test to include MCQ questions to evaluate HTML/ CSS skills.

複数のスキルを1つのカスタム評価に組み合わせることはできますか?

そのとおり。カスタム評価は、職務内容に基づいて設定され、指定したすべての必須スキルに関する質問が含まれます。

アンチチートまたは監督の機能はありますか?

次のアンチチート機能があります。

  • グーグル不可能な質問
  • IP監督
  • Webの提案
  • ウェブカメラの監督
  • 盗作の検出
  • 安全なブラウザ

[プロクチャリング機能](https://www.adaface.com/proctoring)の詳細をご覧ください。

テストスコアを解釈するにはどうすればよいですか?

留意すべき主なことは、評価が選択ツールではなく排除ツールであることです。スキル評価が最適化され、技術的にその役割の資格がない候補者を排除するのに役立ちます。これは、役割の最良の候補者を見つけるのに役立つために最適化されていません。したがって、評価を使用する理想的な方法は、しきい値スコア(通常は55%、ベンチマークを支援します)を決定し、インタビューの次のラウンドのしきい値を超えてスコアを上回るすべての候補者を招待することです。

このテストを使用できますか?

各ADAFACE評価は、職務記述書/理想的な候補者のペルソナにカスタマイズされます(当社の主題の専門家は、10000以上の質問のライブラリからあなたの評価に適切な質問を選択します)。この評価は、あらゆる経験レベルでカスタマイズできます。

すべての候補者は同じ質問を受け取りますか?

私は候補者です。練習テストを試すことはできますか?

いいえ。残念ながら、現時点では練習テストをサポートしていません。ただし、[サンプルの質問](https://www.adaface.com/questions)を使用するには、練習できます。

このテストを使用するコストはいくらですか?

無料トライアルを受けることはできますか?

私はちょうど有料プランに移りました。カスタム評価をリクエストするにはどうすればよいですか?

customers across world
Join 1200+ companies in 75+ countries.
今日、最も候補者のフレンドリーなスキル評価ツールをお試しください。
g2 badges
Ready to use the Adaface React.jsオンラインテスト?
Ready to use the Adaface React.jsオンラインテスト?
私たちとしゃべる
ada
Ada
● Online
Previous
Score: NA
Next
✖️