Search test library by skills or roles
⌘ K

About the test:

Swiftオンラインテストでは、シナリオベースのMCQを使用して、構文、セマンティクス、データ型など、Swiftプログラミング言語の知識に関する候補者を評価します。このテストでは、効率的で最適化されたSwiftコードを記述する候補者の能力と、UI Design、iOS SDK、XcodeなどのiOS開発概念に精通していることも評価します。このテストには、実践的なSwiftプログラミングスキルを評価するためのコーディングの質問が含まれています。

Covered skills:

  • Swiftの基本
  • 制御フロー
  • クラスとオブジェクト
  • エラー処理
  • 閉鎖
  • データ型
  • 機能
  • オプション
  • コレクション
  • 並行性

9 reasons why
9 reasons why

Adaface 迅速なオンラインテスト is the most accurate way to shortlist iOS開発者s



Reason #1

Tests for on-the-job skills

The 迅速なオンラインテスト helps recruiters and hiring managers identify qualified candidates from a pool of resumes, and helps in taking objective hiring decisions. It reduces the administrative overhead of interviewing too many candidates and saves time by filtering out unqualified candidates at the first step of the hiring process.

The test screens for the following skills that hiring managers look for in candidates:

  • Swiftプログラミング言語の基本を理解することができます
  • Swiftでさまざまなデータ型を使用することができます
  • Swiftで制御フロー構造を効果的に使用できます
  • Swiftの関数を定義して作業することができます
  • クラスとオブジェクトをSwiftで作成および使用できる
  • オプションを処理し、Swiftで正しくラップすることができます
  • Swiftのエラーと例外を処理できます
  • Swiftのアレイや辞書などのコレクションを使用することができます
  • Swiftで閉鎖を理解し、使用できる
  • Swiftの同時性と非同期タスクを処理できます
Reason #2

No trick questions

no trick questions

Traditional assessment tools use trick questions and puzzles for the screening, which creates a lot of frustration among candidates about having to go through irrelevant screening assessments.

View sample questions

The main reason we started Adaface is that traditional pre-employment assessment platforms are not a fair way for companies to evaluate candidates. At Adaface, our mission is to help companies find great candidates by assessing on-the-job skills required for a role.

Why we started Adaface
Reason #3

Non-googleable questions

We have a very high focus on the quality of questions that test for on-the-job skills. Every question is non-googleable and we have a very high bar for the level of subject matter experts we onboard to create these questions. We have crawlers to check if any of the questions are leaked online. If/ when a question gets leaked, we get an alert. We change the question for you & let you know.

How we design questions

これらは、10,000以上の質問のライブラリからのわずかなサンプルです。これに関する実際の質問 迅速なオンラインテスト グーグルできません.

🧐 Question

Medium

Data Provider DispatchQueue
Closures
Asychronous operations.
Solve
Consider the following code snippet:
 image
What will be printed after the code execution?

Medium

Property Observers
OOPs
Solve
Consider the following Swift code snippet:
 image
What does the code print after execution?
A) 800, -100, 80, 80
B) 800, 800, 80, 72
C) 1000, 800, 100, 72
D) 800, 800, 80, 80
E) 800, 0, 80, 80

Medium

Class Destructor
OOPs
Solve
What does the following Swift code output?
 image

Easy

Defer blocks
Solve
What does the following Swift code output?
 image

Easy

Lazy Variables
Solve
What does the following Swift code output?
 image

Easy

Registration Queue
Logic
Queues
Solve
We want to register students for the next semester. All students have a receipt which shows the amount pending for the previous semester. A positive amount (or zero) represents that the student has paid extra fees, and a negative amount represents that they have pending fees to be paid. The students are in a queue for the registration. We want to arrange the students in a way such that the students who have a positive amount on the receipt get registered first as compared to the students who have a negative amount. We are given a queue in the form of an array containing the pending amount.
For example, if the initial queue is [20, 70, -40, 30, -10], then the final queue will be [20, 70, 30, -40, -10]. Note that the sequence of students should not be changed while arranging them unless required to meet the condition.
⚠️⚠️⚠️ Note:
- The first line of the input is the length of the array. The second line contains all the elements of the array.
- The input is already parsed into an array of "strings" and passed to a function. You will need to convert string to integer/number type inside the function.
- You need to "print" the final result (not return it) to pass the test cases.

For the example discussed above, the input will be:
5
20 70 -40 30 -10

Your code needs to print the following to the standard output:
20 70 30 -40 -10

Medium

Visitors Count
Strings
Logic
Solve
A manager hires a staff member to keep a record of the number of men, women, and children visiting the museum daily. The staff will note W if any women visit, M for men, and C for children. You need to write code that takes the string that represents the visits and prints the count of men, woman and children. The sequencing should be in decreasing order. 
Example:

Input:
WWMMWWCCC

Expected Output: 
4W3C2M

Explanation: 
‘W’ has the highest count, then ‘C’, then ‘M’. 
⚠️⚠️⚠️ Note:
- The input is already parsed and passed to a function.
- You need to "print" the final result (not return it) to pass the test cases.
- If the input is- “MMW”, then the expected output is "2M1W" since there is no ‘C’.
- If any of them have the same count, the output should follow this order - M, W, C.
🧐 Question🔧 Skill

Medium

Data Provider DispatchQueue
Closures
Asychronous operations.

3 mins

Swift
Solve

Medium

Property Observers
OOPs

2 mins

Swift
Solve

Medium

Class Destructor
OOPs

2 mins

Swift
Solve

Easy

Defer blocks

2 mins

Swift
Solve

Easy

Lazy Variables

2 mins

Swift
Solve

Easy

Registration Queue
Logic
Queues

30 mins

Coding
Solve

Medium

Visitors Count
Strings
Logic

30 mins

Coding
Solve
🧐 Question🔧 Skill💪 Difficulty⌛ Time
Data Provider DispatchQueue
Closures
Asychronous operations.
Swift
Medium3 mins
Solve
Property Observers
OOPs
Swift
Medium2 mins
Solve
Class Destructor
OOPs
Swift
Medium2 mins
Solve
Defer blocks
Swift
Easy2 mins
Solve
Lazy Variables
Swift
Easy2 mins
Solve
Registration Queue
Logic
Queues
Coding
Easy30 minsSolve
Visitors Count
Strings
Logic
Coding
Medium30 minsSolve
Reason #4

1200+ customers in 75 countries

customers in 75 countries
Brandon

Adaface を使用することで、最初の選考プロセスを 75% 以上最適化することができ、採用担当マネージャーと人材獲得チームの両方にとって貴重な時間を同様に解放することができました。


Brandon Lee, 人々の責任者, Love, Bonito

Reason #5

Designed for elimination, not selection

The most important thing while implementing the pre-employment 迅速なオンラインテスト in your hiring process is that it is an elimination tool, not a selection tool. In other words: you want to use the test to eliminate the candidates who do poorly on the test, not to select the candidates who come out at the top. While they are super valuable, pre-employment tests do not paint the entire picture of a candidate’s abilities, knowledge, and motivations. Multiple easy questions are more predictive of a candidate's ability than fewer hard questions. Harder questions are often "trick" based questions, which do not provide any meaningful signal about the candidate's skillset.

Science behind Adaface tests
Reason #6

1 click candidate invites

Email invites: You can send candidates an email invite to the 迅速なオンラインテスト from your dashboard by entering their email address.

Public link: You can create a public link for each test that you can share with candidates.

API or integrations: You can invite candidates directly from your ATS by using our pre-built integrations with popular ATS systems or building a custom integration with your in-house ATS.

invite candidates
Reason #7

Detailed scorecards & benchmarks

サンプルスコアカードを表示します
Reason #8

High completion rate

Adaface tests are conversational, low-stress, and take just 25-40 mins to complete.

This is why Adaface has the highest test-completion rate (86%), which is more than 2x better than traditional assessments.

test completion rate
Reason #9

Advanced Proctoring


Learn more

About the 迅速なオンラインテスト

Why you should use 迅速なオンラインテスト?

The 迅速なオンラインテスト makes use of scenario-based questions to test for on-the-job skills as opposed to theoretical knowledge, ensuring that candidates who do well on this screening test have the relavant skills. The questions are designed to covered following on-the-job aspects:

  • Swiftプログラミング言語とその構文の基本的な理解
  • Swiftのさまざまなデータ型の知識とそれらを効果的に使用する方法
  • 制御フローステートメントの理解
  • 機能の定義と操作に習熟します
  • クラスとオブジェクトの作成と使用に精通しています
  • オプションの理解
  • エラー処理技術の知識
  • 配列、辞書、セットなどのコレクションを操作する習熟度
  • 閉鎖の理解
  • 並行性の概念の知識

Once the test is sent to a candidate, the candidate receives a link in email to take the test. For each candidate, you will receive a detailed report with skills breakdown and benchmarks to shortlist the top candidates from your pool.

What topics are covered in the 迅速なオンラインテスト?

  • Swiftの基本

    Swiftの基本とは、変数、定数、データ型、演算子、基本制御構造など、Swiftプログラミング言語の基本的な概念と構文を指します。このスキルは、より複雑なアプリケーションを構築するための強力な基盤として機能するSwiftプログラミングの基礎的側面における候補者の習熟度を評価するためにテストで測定されます。 Swiftでは、変数または定数で保存および操作できる値の種類を定義します。このスキルは、整数、フロート、文字列、配列など、Swiftで利用可能なさまざまなデータ型を候補者の理解を評価するために、テストで測定され、それらの使用法は効率的でタイプセーフコードを書面で評価します。

  • 制御フロー

    制御フローとは、条件付きステートメント、ループ、および分岐によって決定されるプログラム内の実行の流れを指します。このスキルは、さまざまな条件に基づいてSWIFTコードの実行を効果的に制御する候補者の能力を評価するために、テストで測定されます。 Swiftには、特定のタスクを実行するコードの自己完結型ブロックがあります。このスキルは、パラメーターの合格、返品タイプ、および機能過負荷の概念を含む、Swiftでの関数の作成、呼び出し、および使用に関する候補者の知識を評価するためにテストで測定されます。 <h4>クラスとオブジェクト</h4> <p>クラスとオブジェクトは、オブジェクト指向プログラミングの基本的な概念です。このスキルは、クラス、オブジェクト、プロパティ、およびメソッドの作成と作業に関する候補者の理解を測定するためのテストで測定されます。これにより、複雑で整理されたコード構造の構築が可能になり、コードの再利用と簡単なメンテナンスが促進されます。 >オプション</h4> <p>オプションは、Swiftに値がない可能性を表しています。このスキルは、候補者のオプションの値の取り扱い、安全にラップし、NILシナリオに対処することについての候補者の把握を評価するためにテストで測定されます。 > <h4>エラー処理</h4> <p> Swiftでのエラー処理は、プログラムの実行中に発生する可能性のあるエラー条件に処理および応答するメカニズムです。このスキルは、テストで測定され、トライキャッチブロックなどのSwiftのエラー処理機能を使用する候補者の知識を評価して、エラーを優雅に処理したり、伝播したり、それらから回復したり、フォールトトレラントで信頼できるアプリケーションを確保したりします。 > <h4>コレクション</h4> <p>アレイ、セット、辞書など、Swiftのコレクションは、単一のエンティティに複数の値を保存および整理できます。このスキルは、挿入、削除、反復、アクセスなどの一般的な操作を実行するなど、コレクションを効率的に操作することに関する候補者の理解を評価するためにテストで測定されます。これは、ほとんどすべての非自明のプログラミングタスクに不可欠なスキルである要素です。

  • 閉鎖

    閉鎖は、Swiftコード内で渡されて使用できる自己完結型機能のブロックです。このスキルは、構文、周囲のコンテキストからの値のキャプチャ、非同期プログラミングや機能的プログラミングパラダイムなどのシナリオでの使用を含む閉鎖に関する候補者の知識を評価するために、テストで測定されます。 /p> <h4> Swiftの並行性</h4> <p>は、プログラムが複数のタスクを同時に実行する能力です。このスキルは、同時のキュー、ディスパッチグループ、非同期/Async/async/async/async/async/async/async/synchronizationなどの並行性メカニズムを使用した候補者の理解を評価するために、テストで測定されます。

  • Full list of covered topics

    The actual topics of the questions in the final test will depend on your job description and requirements. However, here's a list of topics you can expect the questions for 迅速なオンラインテスト to be based on.

    Swiftの基本
    変数
    定数
    データ型
    タイプ推論
    制御フロー
    条件付きステートメント
    ループ
    スイッチステートメント
    機能
    関数パラメーター
    返品値
    関数オーバーロード
    クラスとオブジェクト
    プロパティ
    方法
    初期化剤
    継承
    多型
    オプション
    オプションのアンラッピング
    オプションのチェーン
    エラー処理
    Do-Try-Catch
    スロー機能
    コレクション
    配列
    辞書
    セット
    閉鎖
    閉鎖構文
    キャプチャリスト
    閉鎖を逃れる
    並行性
    キューを発送します
    async-wait
    スレッド
    グランドセントラルディスパッチ
    エラー処理
    複数のエラーを処理します
    未来と約束
    ジェネリック
    拡張機能
    プロトコル指向プログラミング
    メモリ管理
    自動参照カウント(ARC)
    メモリリーク
    アクセス制御
    モジュールとフレームワーク
    デバッグとテスト
    単体テスト
    UIテスト
    デバッグテクニック

What roles can I use the 迅速なオンラインテスト for?

  • iOS開発者
  • モバイルアプリ開発者
  • 迅速なプログラマー
  • シニアIOS開発者
  • iOS Swift開発者

How is the 迅速なオンラインテスト customized for senior candidates?

For intermediate/ experienced candidates, we customize the assessment questions to include advanced topics and increase the difficulty level of the questions. This might include adding questions on topics like

  • デバッグとトラブルシューティングコード
  • メモリ管理の理解とメモリリークを回避する方法
  • ネットワーキング、レストAPI、およびJSONの解析を操作する
  • UikitまたはSwiftuiを使用してユーザーインターフェイスを実装します
  • データストレージのためのコアデータまたはその他の永続性フレームワークの知識
  • 非同期プログラミングとマルチスレッド

The coding question for experienced candidates will be of a higher difficulty level to evaluate more hands-on experience.

Singapore government logo

採用担当者は、パネル面接中に尋ねる専門的な質問を通じて、どの候補者がより良いスコアを持っているかを判断し、スコアが低い候補者と区別できると感じました。彼らです 非常に満足 Adaface のスクリーニングで最終候補者に選ばれた候補者の質を重視します。


85%
スクリーニング時間の短縮

迅速なオンラインテスト よくある質問

複数のスキルを1つのカスタム評価に組み合わせることはできますか?

そのとおり。カスタム評価は、職務内容に基づいて設定され、指定したすべての必須スキルに関する質問が含まれます。

アンチチートまたは監督の機能はありますか?

次のアンチチート機能があります。

  • グーグル不可能な質問
  • IP監督
  • Webの提案
  • ウェブカメラの監督
  • 盗作の検出
  • 安全なブラウザ

[プロクチャリング機能](https://www.adaface.com/proctoring)の詳細をご覧ください。

テストスコアを解釈するにはどうすればよいですか?

留意すべき主なことは、評価が選択ツールではなく排除ツールであることです。スキル評価が最適化され、技術的にその役割の資格がない候補者を排除するのに役立ちます。これは、役割の最良の候補者を見つけるのに役立つために最適化されていません。したがって、評価を使用する理想的な方法は、しきい値スコア(通常は55%、ベンチマークを支援します)を決定し、インタビューの次のラウンドのしきい値を超えてスコアを上回るすべての候補者を招待することです。

このテストを使用できますか?

各ADAFACE評価は、職務記述書/理想的な候補者のペルソナにカスタマイズされます(当社の主題の専門家は、10000以上の質問のライブラリからあなたの評価に適切な質問を選択します)。この評価は、あらゆる経験レベルでカスタマイズできます。

すべての候補者は同じ質問を受け取りますか?

私は候補者です。練習テストを試すことはできますか?

いいえ。残念ながら、現時点では練習テストをサポートしていません。ただし、[サンプルの質問](https://www.adaface.com/questions)を使用するには、練習できます。

このテストを使用するコストはいくらですか?

無料トライアルを受けることはできますか?

私はちょうど有料プランに移りました。カスタム評価をリクエストするにはどうすればよいですか?

customers across world
Join 1200+ companies in 75+ countries.
今日、最も候補者のフレンドリーなスキル評価ツールをお試しください。
g2 badges
Ready to use the Adaface 迅速なオンラインテスト?
Ready to use the Adaface 迅速なオンラインテスト?
私たちとしゃべる
ada
Ada
● Online
Previous
Score: NA
Next
✖️