Search test library by skills or roles
⌘ K

About the test:

SCALAオンラインテストでは、シナリオベースのMCQを使用して、コアコンセプト、構文、機能プログラミングの原則など、SCALAプログラミング言語の操作における知識と習熟度に関する候補者を評価します。このテストでは、SCALAを使用して効率的でスケーラブルなアプリケーションを設計および開発する候補者の能力を評価します。このテストには、実践的なSCALAプログラミングスキルを評価するためのコーディングの質問が含まれています。

Covered skills:

  • SCALAプログラミング言語
  • オブジェクト指向プログラミング
  • パターンマッチング
  • エラー処理
  • 特性とミックス
  • 不変のデータ構造
  • 機能プログラミング
  • コレクション
  • 並行性と並列性
  • タイプ推論
  • 高次関数
  • SCALAテストフレームワーク

9 reasons why
9 reasons why

Adaface SCALAオンラインテスト is the most accurate way to shortlist Scala開発者s



Reason #1

Tests for on-the-job skills

The SCALAオンラインテスト helps recruiters and hiring managers identify qualified candidates from a pool of resumes, and helps in taking objective hiring decisions. It reduces the administrative overhead of interviewing too many candidates and saves time by filtering out unqualified candidates at the first step of the hiring process.

The test screens for the following skills that hiring managers look for in candidates:

  • SCALAプログラミング言語に熟練しています
  • 機能プログラミングの強力な理解
  • オブジェクト指向プログラミングの専門知識
  • Scalaのコレクションの知識
  • パターンマッチングを効果的に使用する機能
  • Scalaの並行性と並列性の経験
  • エラー処理の熟練
  • Scalaのタイプ推論に精通しています
  • Scalaで特性とミックスインを利用できる
  • 高次関数に熟練しています
  • Scalaの不変のデータ構造の理解
  • SCALAテストフレームワークに精通しています
Reason #2

No trick questions

no trick questions

Traditional assessment tools use trick questions and puzzles for the screening, which creates a lot of frustration among candidates about having to go through irrelevant screening assessments.

View sample questions

The main reason we started Adaface is that traditional pre-employment assessment platforms are not a fair way for companies to evaluate candidates. At Adaface, our mission is to help companies find great candidates by assessing on-the-job skills required for a role.

Why we started Adaface
Reason #3

Non-googleable questions

We have a very high focus on the quality of questions that test for on-the-job skills. Every question is non-googleable and we have a very high bar for the level of subject matter experts we onboard to create these questions. We have crawlers to check if any of the questions are leaked online. If/ when a question gets leaked, we get an alert. We change the question for you & let you know.

How we design questions

これらは、10,000以上の質問のライブラリからのわずかなサンプルです。これに関する実際の質問 SCALAオンラインテスト グーグルできません.

🧐 Question

Medium

placeholder method
Solve
Review the following Scala code. “placeholder” is a placeholder function to be replaced with an actual Scala in-built method. 
 image
What should ‘placeholder’ be so that the a, b, c in the code evaluate to true?

Medium

Compilation Errors
Solve
Which lines in the following Scala code will lead to compilation errors?
 image

Easy

take and reduceLeft
List
String
Solve
What will the following Scala code print?
 image

Easy

Registration Queue
Logic
Queues
Solve
We want to register students for the next semester. All students have a receipt which shows the amount pending for the previous semester. A positive amount (or zero) represents that the student has paid extra fees, and a negative amount represents that they have pending fees to be paid. The students are in a queue for the registration. We want to arrange the students in a way such that the students who have a positive amount on the receipt get registered first as compared to the students who have a negative amount. We are given a queue in the form of an array containing the pending amount.
For example, if the initial queue is [20, 70, -40, 30, -10], then the final queue will be [20, 70, 30, -40, -10]. Note that the sequence of students should not be changed while arranging them unless required to meet the condition.
⚠️⚠️⚠️ Note:
- The first line of the input is the length of the array. The second line contains all the elements of the array.
- The input is already parsed into an array of "strings" and passed to a function. You will need to convert string to integer/number type inside the function.
- You need to "print" the final result (not return it) to pass the test cases.

For the example discussed above, the input will be:
5
20 70 -40 30 -10

Your code needs to print the following to the standard output:
20 70 30 -40 -10

Medium

Visitors Count
Strings
Logic
Solve
A manager hires a staff member to keep a record of the number of men, women, and children visiting the museum daily. The staff will note W if any women visit, M for men, and C for children. You need to write code that takes the string that represents the visits and prints the count of men, woman and children. The sequencing should be in decreasing order. 
Example:

Input:
WWMMWWCCC

Expected Output: 
4W3C2M

Explanation: 
‘W’ has the highest count, then ‘C’, then ‘M’. 
⚠️⚠️⚠️ Note:
- The input is already parsed and passed to a function.
- You need to "print" the final result (not return it) to pass the test cases.
- If the input is- “MMW”, then the expected output is "2M1W" since there is no ‘C’.
- If any of them have the same count, the output should follow this order - M, W, C.
🧐 Question🔧 Skill

Medium

placeholder method

2 mins

Scala
Solve

Medium

Compilation Errors

2 mins

Scala
Solve

Easy

take and reduceLeft
List
String

2 mins

Scala
Solve

Easy

Registration Queue
Logic
Queues

30 mins

Coding
Solve

Medium

Visitors Count
Strings
Logic

30 mins

Coding
Solve
🧐 Question🔧 Skill💪 Difficulty⌛ Time
placeholder method
Scala
Medium2 mins
Solve
Compilation Errors
Scala
Medium2 mins
Solve
take and reduceLeft
List
String
Scala
Easy2 mins
Solve
Registration Queue
Logic
Queues
Coding
Easy30 minsSolve
Visitors Count
Strings
Logic
Coding
Medium30 minsSolve
Reason #4

1200+ customers in 75 countries

customers in 75 countries
Brandon

Adafaceを使用すると、初期スクリーニングプロセスを75%以上最適化することができ、採用マネージャーとタレント獲得チームの両方にとって貴重な時間を解放しました!


Brandon Lee, 人々の頭, Love, Bonito

Reason #5

Designed for elimination, not selection

The most important thing while implementing the pre-employment SCALAオンラインテスト in your hiring process is that it is an elimination tool, not a selection tool. In other words: you want to use the test to eliminate the candidates who do poorly on the test, not to select the candidates who come out at the top. While they are super valuable, pre-employment tests do not paint the entire picture of a candidate’s abilities, knowledge, and motivations. Multiple easy questions are more predictive of a candidate's ability than fewer hard questions. Harder questions are often "trick" based questions, which do not provide any meaningful signal about the candidate's skillset.

Science behind Adaface tests
Reason #6

1 click candidate invites

Email invites: You can send candidates an email invite to the SCALAオンラインテスト from your dashboard by entering their email address.

Public link: You can create a public link for each test that you can share with candidates.

API or integrations: You can invite candidates directly from your ATS by using our pre-built integrations with popular ATS systems or building a custom integration with your in-house ATS.

invite candidates
Reason #7

Detailed scorecards & benchmarks

Reason #8

High completion rate

Adaface tests are conversational, low-stress, and take just 25-40 mins to complete.

This is why Adaface has the highest test-completion rate (86%), which is more than 2x better than traditional assessments.

test completion rate
Reason #9

Advanced Proctoring


Learn more

About the SCALAオンラインテスト

Why you should use SCALAオンラインテスト?

The SCALAオンラインテスト makes use of scenario-based questions to test for on-the-job skills as opposed to theoretical knowledge, ensuring that candidates who do well on this screening test have the relavant skills. The questions are designed to covered following on-the-job aspects:

  • クリーンで効率的なSCALAコードを書く能力
  • 不変性、高次関数、パターンマッチングなどの機能的プログラミングの概念の習熟度
  • オブジェクト指向のプログラミング原則とScalaでのそれらのアプリケーションを強く理解する
  • Scalaコレクションとそれらに関連する方法を扱う際の専門知識
  • 堅牢なコードの取り扱いと書き込みの経験
  • Scalaの並行性と並列性の知識
  • SCALAでのタイプの推論とタイプチェックに精通しています
  • Scalaの特性とミックスインの理解
  • 適切なフレームワークを使用してSCALAコードを使用してテストする機能
  • 不変のデータ構造とScalaの利点の理解

Once the test is sent to a candidate, the candidate receives a link in email to take the test. For each candidate, you will receive a detailed report with skills breakdown and benchmarks to shortlist the top candidates from your pool.

What topics are covered in the SCALAオンラインテスト?

  • 並列性と並列性

    並列性と並列性は、最新のソフトウェア開発における重要な概念です。マルチコアプロセッサとアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。 SCALAの並行性と並列性に関する候補者の理解を評価することにより、システムリソースを効率的に使用する同時の効率的なソリューションを設計および実装できるようになります。

  • エラー処理

    エラー処理は重要な側面です堅牢で保守可能なソフトウェアを書く。 Scalaは、Try/Catchブロックやオプション、およびいずれかのタイプなど、例外やエラーを処理するさまざまなメカニズムを提供します。 SCALAでのエラー処理に関する候補者の知識を評価することにより、コードのエラーを効果的に処理および通信できるようになります。式と変数の種類を推定します。コードの冗長性を減らし、より簡潔で読みやすいプログラムを促進します。候補者のタイプ推論の理解を測定することで、この機能を利用してクリーンで表現力豊かなコードを書き込むことができます。再利用と構成。特性により、再利用可能な行動単位の作成が可能になりますが、ミックスインは複数の特性を単一のクラスに結合する方法を提供します。候補者の特性とミキシンに関する知識を評価することで、Scalaでモジュール式および再利用可能なコンポーネントを設計および実装できるようになります。引数として機能するか、結果として機能します。コードのモジュール性を促進し、より表現力豊かで再利用可能なコードの作成を可能にします。高次関数における候補者の習熟度を評価することで、SCALAプログラムでこの強力な機能プログラミングの概念を効果的に活用できるようになります。作成後に変更されます。彼らは、複雑な突然変異を排除し、州の問題を共有することにより、コードを簡素化します。 SCALAの不変のデータ構造に関する候補者の理解を評価することで、推論、テスト、維持が簡単なコードを作成できるようになります。 SCALAアプリケーションのテストを書き込み、実行するためのツールとユーティリティのセットを提供します。開発者は、包括的なテストスイートを作成し、コードの検証を自動化できます。候補者のSCALAテストフレームワークに精通していることを評価することにより、信頼できる堅牢なテストを作成して、SCALAコードの正確性を確保できます。

  • Full list of covered topics

    The actual topics of the questions in the final test will depend on your job description and requirements. However, here's a list of topics you can expect the questions for SCALAオンラインテスト to be based on.

    基本的な構文
    機能
    データ型
    変数
    クラス
    オブジェクト
    継承
    多型
    カプセル化
    高次関数
    パターンマッチング
    コレクション
    不変のデータ構造
    エラー処理
    並行性
    並列性
    ジェネリック
    タイプ推論
    特性
    ミキシン
    高次タイプ
    部分関数
    理解のため
    インクリッツ
    値クラス
    ケースクラス
    怠zyな評価
    基本的なIO操作
    XMLとJSONの処理
    並行性ツール(先物、約束など)
    SCALAテストフレームワークでのテスト
    Akkaを使用した分散プログラミング
    機能ライブラリ(猫、スカラズなど)
    タイプクラス
    並列コレクション
    機能的なエラー処理
    ストリーム処理
    Scalaとの並列プログラミング
    Scalaによるビッグデータ処理
    SCALAでのリアクティブプログラミング
    SCALAを使用したデータベースアクセス
    ScalaとJava Interop
    並行性パターン
    タイプレベルのプログラミング
    閉鎖
    不変のコレクション
    Scalaコンパイラを理解する
    ファイルの読み取りと書き込み
    正規表現
    タイプセーフ構成管理
    先物との作業
    非同期プログラミング
    ソフトウェアデザインの原則
    機能テスト
    デバッグテクニック

What roles can I use the SCALAオンラインテスト for?

  • Scala開発者
  • ビッグデータ開発者
  • シニアスカラソフトウェアエンジニア
  • シニアビッグデータエンジニア-Scala

How is the SCALAオンラインテスト customized for senior candidates?

For intermediate/ experienced candidates, we customize the assessment questions to include advanced topics and increase the difficulty level of the questions. This might include adding questions on topics like

  • SCALAライブラリとフレームワークを効果的に適用する能力
  • Scalaの組み込みテストフレームワークを使用する習熟度ユニットテスト
  • パフォーマンスのためにSCALAコードを最適化する経験
  • 高度なSCALA言語機能の知識
  • Scalaを使用した強力な問題解決スキル
  • SCALAコードを効率的にデバッグおよびトラブルシューティングする機能
  • 簡潔で読みやすいScalaコードを記述する機能
  • ScalaのJavaとの相互運用性の理解
  • 同時および並列のSCALAコードを書く経験
  • Scalaで機能的なプログラミングライブラリとフレームワークを使用する習熟度

The coding question for experienced candidates will be of a higher difficulty level to evaluate more hands-on experience.

Singapore government logo

採用マネージャーは、パネルのインタビュー中に尋ねた技術的な質問を通して、どの候補者がより良いスコアを持っているかを知ることができ、得点しなかった人と差別化することができたと感じました。彼らです 非常に満足しています 候補者の品質は、ADAFACEスクリーニングで最終候補になりました。


85%
スクリーニング時間の短縮

SCALAオンラインテスト FAQ

複数のスキルを1つのカスタム評価に組み合わせることはできますか?

そのとおり。カスタム評価は、職務内容に基づいて設定され、指定したすべての必須スキルに関する質問が含まれます。

アンチチートまたは監督の機能はありますか?

次のアンチチート機能があります。

  • グーグル不可能な質問
  • IP監督
  • Webの提案
  • ウェブカメラの監督
  • 盗作の検出
  • 安全なブラウザ

[プロクチャリング機能](https://www.adaface.com/proctoring)の詳細をご覧ください。

テストスコアを解釈するにはどうすればよいですか?

留意すべき主なことは、評価が選択ツールではなく排除ツールであることです。スキル評価が最適化され、技術的にその役割の資格がない候補者を排除するのに役立ちます。これは、役割の最良の候補者を見つけるのに役立つために最適化されていません。したがって、評価を使用する理想的な方法は、しきい値スコア(通常は55%、ベンチマークを支援します)を決定し、インタビューの次のラウンドのしきい値を超えてスコアを上回るすべての候補者を招待することです。

このテストを使用できますか?

各ADAFACE評価は、職務記述書/理想的な候補者のペルソナにカスタマイズされます(当社の主題の専門家は、10000以上の質問のライブラリからあなたの評価に適切な質問を選択します)。この評価は、あらゆる経験レベルでカスタマイズできます。

すべての候補者は同じ質問を受け取りますか?

私は候補者です。練習テストを試すことはできますか?

いいえ。残念ながら、現時点では練習テストをサポートしていません。ただし、[サンプルの質問](https://www.adaface.com/questions)を使用するには、練習できます。

このテストを使用するコストはいくらですか?

無料トライアルを受けることはできますか?

私はちょうど有料プランに移りました。カスタム評価をリクエストするにはどうすればよいですか?

customers across world
Join 1200+ companies in 75+ countries.
今日、最も候補者のフレンドリーなスキル評価ツールをお試しください。
g2 badges
Ready to use the Adaface SCALAオンラインテスト?
Ready to use the Adaface SCALAオンラインテスト?
私たちとしゃべる
条項 プライバシー トラストガイド

🌎言語を選んでください

English Norsk Dansk Deutsche Nederlands Svenska Français Español Chinese (简体中文) Italiano Japanese (日本語) Polskie Português Russian (русский)
ada
Ada
● Online
Previous
Score: NA
Next
✖️