Search test library by skills or roles
⌘ K

About the test:

The Robotic Process Automation (RPA) Test is preferred by recruiters to assess on-the-job skills of candidates before an interview. It reduces technical screening time by 80% by enabling employers to identify qualified candidates.

Covered skills:

  • ロボットプロセス自動化
  • 自動化ツール
  • エラー処理
  • ワークフローデザイン
  • 安全
  • データ操作
  • スクリプト
  • テスト
  • 統合
  • プロセス最適化

9 reasons why
9 reasons why

Adaface RPA Test is the most accurate way to shortlist RPA開発者s



Reason #1

Tests for on-the-job skills

The RPA Online Test helps recruiters and hiring managers identify qualified candidates from a pool of resumes, and helps in taking objective hiring decisions. It reduces the administrative overhead of interviewing too many candidates and saves time by filtering out unqualified candidates at the first step of the hiring process.

The test screens for the following skills that hiring managers look for in candidates:

  • ロボットプロセス自動化を使用してワークフローを構築および自動化する機能
  • 自動化ツールを使用してデータの操作に習熟します
  • RPA実装の強力なスクリプトスキル
  • RPAの優れたエラー処理機能
  • RPAのテスト方法の完全な理解
  • 効率的で最適化されたワークフローを設計する経験
  • 他のシステムとのシームレスなRPA統合のための統合の専門知識
  • RPAのセキュリティベストプラクティスの知識
  • RPAを使用して既存のプロセスを最適化および改善する機能
  • さまざまなRPAツールとその機能に精通しています
Reason #2

No trick questions

no trick questions

Traditional assessment tools use trick questions and puzzles for the screening, which creates a lot of frustration among candidates about having to go through irrelevant screening assessments.

View sample questions

The main reason we started Adaface is that traditional pre-employment assessment platforms are not a fair way for companies to evaluate candidates. At Adaface, our mission is to help companies find great candidates by assessing on-the-job skills required for a role.

Why we started Adaface
Reason #3

Non-googleable questions

We have a very high focus on the quality of questions that test for on-the-job skills. Every question is non-googleable and we have a very high bar for the level of subject matter experts we onboard to create these questions. We have crawlers to check if any of the questions are leaked online. If/ when a question gets leaked, we get an alert. We change the question for you & let you know.

How we design questions

これらは、10,000以上の質問のライブラリからのわずかなサンプルです。これに関する実際の質問 ロボットプロセスオートメーション(RPA)テスト グーグルできません.

🧐 Question

Medium

Asynchronous Processing
Asynchronous Execution
Performance Optimization
Workflow Design
Solve
An RPA developer must design a workflow that initiates several web data extraction tasks simultaneously. Each task may take a variable amount of time to complete. The workflow should be optimized for performance, ensuring that the overall execution time is minimized by running these tasks in parallel. Once all tasks are completed, the workflow should compile the results into a single report. Which method should be used to achieve efficient asynchronous processing in this scenario?
A: Implement multiple parallel process activities, synchronizing them at the end with a join activity before report compilation.
B: Sequentially execute each web data extraction task and compile the report immediately after each task completes.
C: Use a multi-threaded approach by invoking external scripts that run in parallel and communicate back to the RPA process.
D: Create a dispatcher-performer model where the dispatcher queues tasks and the performer executes them as they are queued.
E: Schedule individual bots for each task to run at the same time and use a file-based system to compile results post execution.

Easy

Dynamic Selector Integration
Workflow Design
Error Handling
Selector Dynamics
Solve
An RPA developer is tasked with automating a web-based application process that involves dynamically generated IDs for interface elements. The developer decides to use a combination of anchor-based and attribute-based selectors to identify UI elements reliably. Given that the application generates new session IDs for each element upon each login, which of the following methods should the developer use to construct a robust selector strategy? Consider the need for error handling in scenarios where elements are not found.
A: Use wildcard characters in the selector for static attributes and avoid using session IDs.
B: Hardcode the session IDs into the selectors for each element for consistency.
C: Create separate workflows for each session ID and invoke them based on the session.
D: Use regular expression matching in selectors to handle dynamic session IDs.
E: Avoid using selectors and rely solely on image-based recognition for element identification.

Medium

Integrating RPA with Database
Database Connectivity
Transaction Management
Error Handling
Solve
An RPA process involves retrieving data from a SQL database, processing the data, and then updating the database with new values. It's critical if an error occurs at any point, the database changes must be rolled back to maintain data integrity. What is the most effective approach for implementing this operation within an RPA workflow?
A: Establish a continuous loop that retries the database update until it succeeds, with a delay between each attempt.
B: Implement separate database connection activities for each data retrieval and update, with custom error handling logic.
C: Employ a state machine design, with states for data retrieval, processing, and updating, and transitions based on success or failure.
D: Use an external script (e.g., Python or PowerShell) to manage the database transaction, and invoke it from the RPA process.
E: Utilize a database transaction block with commit and rollback activities integrated into the RPA workflow.
🧐 Question🔧 Skill

Medium

Asynchronous Processing
Asynchronous Execution
Performance Optimization
Workflow Design

2 mins

RPA
Solve

Easy

Dynamic Selector Integration
Workflow Design
Error Handling
Selector Dynamics

2 mins

RPA
Solve

Medium

Integrating RPA with Database
Database Connectivity
Transaction Management
Error Handling

2 mins

RPA
Solve
🧐 Question🔧 Skill💪 Difficulty⌛ Time
Asynchronous Processing
Asynchronous Execution
Performance Optimization
Workflow Design
RPA
Medium2 mins
Solve
Dynamic Selector Integration
Workflow Design
Error Handling
Selector Dynamics
RPA
Easy2 mins
Solve
Integrating RPA with Database
Database Connectivity
Transaction Management
Error Handling
RPA
Medium2 mins
Solve
Reason #4

1200+ customers in 75 countries

customers in 75 countries
Brandon

Adaface を使用することで、最初の選考プロセスを 75% 以上最適化することができ、採用担当マネージャーと人材獲得チームの両方にとって貴重な時間を同様に解放することができました。


Brandon Lee, 人々の責任者, Love, Bonito

Reason #5

Designed for elimination, not selection

The most important thing while implementing the pre-employment ロボットプロセスオートメーション(RPA)テスト in your hiring process is that it is an elimination tool, not a selection tool. In other words: you want to use the test to eliminate the candidates who do poorly on the test, not to select the candidates who come out at the top. While they are super valuable, pre-employment tests do not paint the entire picture of a candidate’s abilities, knowledge, and motivations. Multiple easy questions are more predictive of a candidate's ability than fewer hard questions. Harder questions are often "trick" based questions, which do not provide any meaningful signal about the candidate's skillset.

Science behind Adaface tests
Reason #6

1 click candidate invites

Email invites: You can send candidates an email invite to the ロボットプロセスオートメーション(RPA)テスト from your dashboard by entering their email address.

Public link: You can create a public link for each test that you can share with candidates.

API or integrations: You can invite candidates directly from your ATS by using our pre-built integrations with popular ATS systems or building a custom integration with your in-house ATS.

invite candidates
Reason #7

Detailed scorecards & benchmarks

サンプルスコアカードを表示します
Reason #8

High completion rate

Adaface tests are conversational, low-stress, and take just 25-40 mins to complete.

This is why Adaface has the highest test-completion rate (86%), which is more than 2x better than traditional assessments.

test completion rate
Reason #9

Advanced Proctoring


Learn more

About the RPA Assessment Test

Why you should use Pre-employment RPA Online Test?

The ロボットプロセスオートメーション(RPA)テスト makes use of scenario-based questions to test for on-the-job skills as opposed to theoretical knowledge, ensuring that candidates who do well on this screening test have the relavant skills. The questions are designed to covered following on-the-job aspects:

  • ビジネスプロセスの分析と理解
  • ロボットプロセスオートメーション(RPA)ソリューションの作成と維持
  • データの操作と変換の実行
  • 自動化ツールを使用して、タスクとプロセスを自動化します
  • 繰り返しタスクを自動化するためのスクリプトを作成します
  • 自動化プロセスの例外とエラーの処理
  • RPAソリューションのテストとデバッグ
  • 効率的でスケーラブルなワークフローの設計
  • RPAを他のシステムおよびアプリケーションと統合します
  • RPAソリューションのセキュリティ対策の実装

Once the test is sent to a candidate, the candidate receives a link in email to take the test. For each candidate, you will receive a detailed report with skills breakdown and benchmarks to shortlist the top candidates from your pool.

What topics are covered in the RPA Online Test?

  • スクリプト

    スクリプトには、ソフトウェアアプリケーション内でアクションを自動化するためのスクリプトを作成および実行することが含まれます。このスキルは、繰り返しタスクを自動化するためにスクリプトを作成する候補者の能力を示すため、評価プラットフォームで価値があります。スクリプトスキルを測定するのに役立ち、プログラミング言語とスクリプトフレームワークを効果的に利用して自動化機能を強化できる候補者を特定するのに役立ちます。プログラムまたはプロセスの実行中。このスキルは、エラーを効果的に識別、デバッグ、および処理する候補者の能力を示すため、テストで測定することが重要です。エラー処理技術に熟練した候補者は、自動化されたタスクのスムーズな実行を確保し、問題を効率的にトラブルシューティングすることができます。

  • テスト

    テストには、ソフトウェアアプリケーションの検証と検証を行い、機能、信頼性、パフォーマンスを確保します。このテストでこのスキルを測定することで、リクルーターは、テスト方法、ツール、およびテクニックに関する候補者の理解を評価できます。テストの習熟度は、欠陥を特定し、徹底的なテスト活動を実施し、高品質の自動ソリューションを提供する候補者の能力を示しています。自動化されたワークフローのタスクのシーケンス。このスキルは、候補者が効率的で最適化されたワークフローを設計する能力を示しているため、評価プラットフォームで重要です。ワークフロー設計スキルの測定は、ワークフロー内のシーケンス、依存関係、および決定ポイントを定義することにより、論理的でスケーラブルな自動化ソリューションを作成できる候補者を特定するのに役立ちます。シームレスなデータ交換と機能を有効にするためのアプリケーション。このスキルは、自動化ソリューションを既存のシステムと統合する候補者の習熟度を評価するために、テストで測定する必要があります。強力な統合スキルを持つ候補者は、異なるアプリケーション間のデータフローを有効にし、相互運用性を確保することによりプロセスを合理化できます。および脆弱性。このテストでこのスキルを測定することで、リクルーターは自動化のコンテキストでのセキュリティの原則と実践に対する候補者の理解を評価することができます。セキュリティの習熟度により、候補者は安全な自動化ソリューションを開発し、データ保護規制を順守することができます。

  • プロセスの最適化

    プロセスの最適化には、既存のワークフローとプロセスの分析と改善により、効率を高め、コストを削減し、コストを削減します。生産性を高めます。このテストでこのスキルを測定することで、採用担当者は候補者の自動化プロセスで最適化の機会を特定して実装する能力を評価することができます。プロセスの最適化に熟練した候補者は、ボトルネックを特定し、冗長性を排除し、ベストプラクティスを実施することにより、継続的な改善に貢献できます。

  • Full list of covered topics

    The actual topics of the questions in the final test will depend on your job description and requirements. However, here's a list of topics you can expect the questions for ロボットプロセスオートメーション(RPA)テスト to be based on.

    ロボットプロセス自動化
    データ操作
    自動化ツール
    スクリプト
    エラー処理
    テスト
    ワークフローデザイン
    統合
    安全
    プロセス最適化
    ロボットプロセス自動化の実装
    Excel Automation
    データベースオートメーション
    Webオートメーション
    Citrixオートメーション
    電子メール自動化
    スクリーンスクレイピング
    OCR(光学文字認識)
    データ抽出
    データ検証
    データ変換
    データ集約
    例外処理
    デバッグ
    単体テスト
    回帰試験
    RPAのユーザーインターフェイス設計
    高度なワークフロー設計技術
    Webサービス統合
    API統合
    データベース統合
    RPAでのセキュリティ実装
    プロセス分析
    プロセス最適化手法
    RPAのプロジェクト管理
    RPAのバージョン制御
    RPAの環境セットアップと構成
    ボットの展開とスケーリング
    クラウド統合
    RPAとの人工知能統合
    自然言語処理
    機械学習
    認知自動化
    RPAの高度なスクリプト言語
    ユーザー入力処理
    データ型と変数
    フロー制御ステートメント
    ファイル処理
    エラーと例外処理
    APIオートメーション
    データベースクエリ
    RPAの正規表現
    コード最適化
    エラーログとレポート
    エラー回復
    負荷テスト
    性能試験
    コードレビューと分析

What roles can I use the RPA Online Test for?

  • RPA開発者
  • RPAアナリスト
  • オートメーションエンジニア
  • プロセスアナリスト
  • ビジネスアナリスト
  • RPAコンサルタント

How is the RPA Online Test customized for senior candidates?

For intermediate/ experienced candidates, we customize the assessment questions to include advanced topics and increase the difficulty level of the questions. This might include adding questions on topics like

  • 最大の効率のためにプロセスを最適化します
  • データの分析と洞察の生成
  • 高度な自動化ツールとテクニックを使用します
  • 複雑な自動化のためのカスタムスクリプトの開発
  • 高度なエラー処理戦略の実装
  • 広範なテストと検証を実行します
  • 複雑でマルチレベルのワークフローを設計します
  • RPAソリューションを複雑なアーキテクチャと統合します
  • 高度なセキュリティ対策の実装
  • 高性能とスケーラビリティのプロセスを最適化します
Singapore government logo

採用担当者は、パネル面接中に尋ねる専門的な質問を通じて、どの候補者がより良いスコアを持っているかを判断し、スコアがそれほど高くない候補者と区別できると感じました。彼らです 非常に満足 Adaface のスクリーニングで最終候補者リストに選ばれた候補者の質を重視します。


85%
スクリーニング時間の短縮

RPA Hiring Test よくある質問

複数のスキルを1つのカスタム評価に組み合わせることはできますか?

そのとおり。カスタム評価は、職務内容に基づいて設定され、指定したすべての必須スキルに関する質問が含まれます。

アンチチートまたは監督の機能はありますか?

次のアンチチート機能があります。

  • グーグル不可能な質問
  • IP監督
  • Webの提案
  • ウェブカメラの監督
  • 盗作の検出
  • 安全なブラウザ

[プロクチャリング機能](https://www.adaface.com/proctoring)の詳細をご覧ください。

テストスコアを解釈するにはどうすればよいですか?

留意すべき主なことは、評価が選択ツールではなく排除ツールであることです。スキル評価が最適化され、技術的にその役割の資格がない候補者を排除するのに役立ちます。これは、役割の最良の候補者を見つけるのに役立つために最適化されていません。したがって、評価を使用する理想的な方法は、しきい値スコア(通常は55%、ベンチマークを支援します)を決定し、インタビューの次のラウンドのしきい値を超えてスコアを上回るすべての候補者を招待することです。

このテストを使用できますか?

各ADAFACE評価は、職務記述書/理想的な候補者のペルソナにカスタマイズされます(当社の主題の専門家は、10000以上の質問のライブラリからあなたの評価に適切な質問を選択します)。この評価は、あらゆる経験レベルでカスタマイズできます。

すべての候補者は同じ質問を受け取りますか?

私は候補者です。練習テストを試すことはできますか?

いいえ。残念ながら、現時点では練習テストをサポートしていません。ただし、[サンプルの質問](https://www.adaface.com/questions)を使用するには、練習できます。

このテストを使用するコストはいくらですか?

無料トライアルを受けることはできますか?

私はちょうど有料プランに移りました。カスタム評価をリクエストするにはどうすればよいですか?

customers across world
Join 1200+ companies in 75+ countries.
今日、最も候補者のフレンドリーなスキル評価ツールをお試しください。
g2 badges
Ready to use the Adaface ロボットプロセスオートメーション(RPA)テスト?
Ready to use the Adaface ロボットプロセスオートメーション(RPA)テスト?
私たちとしゃべる
ada
Ada
● Online
Previous
Score: NA
Next
✖️