Search test library by skills or roles
⌘ K

About the test:

Informatica B2Bデータ交換テストでは、シナリオベースのMCQを使用して、データ統合と交換のためにInformatica B2Bデータ交換を使用する能力について候補者を評価します。このテストでは、EDI、AS2、FTPなどのB2B統合の概念と技術の知識と、Informatica B2Bデータ交換を使用してB2Bデータ交換プロセスを構成および管理する能力について候補者を評価します。また、Informatica PowerCenterを使用したデータ変換とマッピングに精通し、さまざまな業界やユースケース向けにデータ交換ソリューションを設計および実装する能力を評価します。

Covered skills:

  • B2Bデータ交換
  • データ変換
  • データ検証
  • エラー処理
  • メッセージ追跡
  • EDI標準
  • データ統合
  • データマッピング
  • データセキュリティ
  • データ品質
  • トレーディングパートナー管理

9 reasons why
9 reasons why

Adaface Informatica B2Bデータ交換テスト is the most accurate way to shortlist データ統合スペシャリストs



Reason #1

Tests for on-the-job skills

The Informatica B2Bデータ交換テスト helps recruiters and hiring managers identify qualified candidates from a pool of resumes, and helps in taking objective hiring decisions. It reduces the administrative overhead of interviewing too many candidates and saves time by filtering out unqualified candidates at the first step of the hiring process.

The test screens for the following skills that hiring managers look for in candidates:

  • B2Bデータ交換の専門知識
  • データ統合の習熟度
  • データ変換のスキル
  • データマッピングの知識
  • データ検証を実行する機能
  • データセキュリティの理解
  • エラー処理の能力
  • データ品質の機能
  • メッセージ追跡に精通しています
  • 取引パートナー管理の経験
  • EDI基準の理解
Reason #2

No trick questions

no trick questions

Traditional assessment tools use trick questions and puzzles for the screening, which creates a lot of frustration among candidates about having to go through irrelevant screening assessments.

View sample questions

The main reason we started Adaface is that traditional pre-employment assessment platforms are not a fair way for companies to evaluate candidates. At Adaface, our mission is to help companies find great candidates by assessing on-the-job skills required for a role.

Why we started Adaface
Reason #3

Non-googleable questions

We have a very high focus on the quality of questions that test for on-the-job skills. Every question is non-googleable and we have a very high bar for the level of subject matter experts we onboard to create these questions. We have crawlers to check if any of the questions are leaked online. If/ when a question gets leaked, we get an alert. We change the question for you & let you know.

How we design questions
Reason #4

1200+ customers in 75 countries

customers in 75 countries
Brandon

Adafaceを使用すると、初期スクリーニングプロセスを75%以上最適化することができ、採用マネージャーとタレント獲得チームの両方にとって貴重な時間を解放しました!


Brandon Lee, 人々の頭, Love, Bonito

Reason #5

Designed for elimination, not selection

The most important thing while implementing the pre-employment Informatica B2Bデータ交換テスト in your hiring process is that it is an elimination tool, not a selection tool. In other words: you want to use the test to eliminate the candidates who do poorly on the test, not to select the candidates who come out at the top. While they are super valuable, pre-employment tests do not paint the entire picture of a candidate’s abilities, knowledge, and motivations. Multiple easy questions are more predictive of a candidate's ability than fewer hard questions. Harder questions are often "trick" based questions, which do not provide any meaningful signal about the candidate's skillset.

Science behind Adaface tests
Reason #6

1 click candidate invites

Email invites: You can send candidates an email invite to the Informatica B2Bデータ交換テスト from your dashboard by entering their email address.

Public link: You can create a public link for each test that you can share with candidates.

API or integrations: You can invite candidates directly from your ATS by using our pre-built integrations with popular ATS systems or building a custom integration with your in-house ATS.

invite candidates
Reason #7

Detailed scorecards & benchmarks

Reason #8

High completion rate

Adaface tests are conversational, low-stress, and take just 25-40 mins to complete.

This is why Adaface has the highest test-completion rate (86%), which is more than 2x better than traditional assessments.

test completion rate
Reason #9

Advanced Proctoring


Learn more

About the Informatica B2Bデータ交換テスト

Why you should use Informatica B2Bデータ交換テスト?

The Informatica B2Bデータ交換テスト makes use of scenario-based questions to test for on-the-job skills as opposed to theoretical knowledge, ensuring that candidates who do well on this screening test have the relavant skills. The questions are designed to covered following on-the-job aspects:

  • Informaticaを使用してB2Bデータ交換を実行する機能
  • データ統合の概念とテクニックの知識
  • Informaticaを使用したデータ変換の習熟度
  • B2Bデータ交換のデータマッピングの経験
  • B2Bデータ交換のデータ検証手法の理解
  • B2Bデータ交換のデータセキュリティ対策の専門知識
  • B2Bデータ交換シナリオでのエラー処理を処理する機能
  • B2Bデータ交換のデータ品質手順に関する知識
  • B2Bデータ交換システムでのメッセージ追跡の理解
  • B2Bデータ交換のトレーディングパートナー管理の習熟度

Once the test is sent to a candidate, the candidate receives a link in email to take the test. For each candidate, you will receive a detailed report with skills breakdown and benchmarks to shortlist the top candidates from your pool.

What topics are covered in the Informatica B2Bデータ交換テスト?

  • データマッピング

    データマッピングは、異なるデータセットまたはシステムのデータ要素間の関係は、それらがどのように関連し、相互作用するかを定義します。正確なデータ交換、効果的なデータ統合、および適切なデータ変換を確保するためには重要です。このスキルは、データマッピング技術と戦略の設計と実装に候補者の習熟度を評価するために、テストで測定する必要があります。

  • データ検証

    データ検証は、精度のデータをチェックするプロセスです。完全性、および事前定義されたルールまたは基準への適合性。データの整合性の確認、エラーのチェック、およびデータ品質の確保が含まれます。このスキルは、データを効果的に検証し、不一致を特定して処理し、データの精度と品質を維持する候補者の能力を評価するために、テストで測定する必要があります。

  • データセキュリティ

    データセキュリティは不正アクセス、使用、開示、変更、または破壊からのデータの保護。機密情報を保護するために、暗号化、アクセス制御、認証メカニズムなどのセキュリティ対策を実装することが含まれます。このスキルは、データセキュリティ原則に関する候補者の知識とB2Bデータ交換プロセスに適切なセキュリティ対策を実装する能力を評価するために、テストで測定する必要があります。

  • エラー処理

    エラー処理には、データ交換、統合、変換、または検証プロセス中に発生するエラーまたは例外の特定と管理。エラー検出、エラーログ、エラー回復メカニズムが含まれます。このスキルは、エラーを効果的に処理および解決する候補者の能力を評価し、スムーズで信頼できるデータ処理を確保するためにテストで測定する必要があります。

  • データ品質

    データ品質は、データの精度、完全性、一貫性、および信頼性。高品質のデータを確保するために、データクレンジング、データプロファイリング、およびデータ品質保証技術の実装が含まれます。このスキルは、データ品質の概念に関する候補者の理解と、B2Bデータ交換シナリオでデータ品質標準を確立および維持する能力を評価するために、テストで測定する必要があります。

  • メッセージ追跡

    メッセージ追跡には、B2Bデータ交換プロセス中のメッセージまたはデータの動き、ステータス、および処理の監視と追跡が含まれます。メッセージの流れの可視性を提供し、パフォーマンスとコンプライアンスのトラブルシューティングと監視を可能にします。このスキルは、候補者のメッセージ追跡メカニズムとB2Bデータ交換システムのメッセージフローをトラブルシューティングおよび分析する能力を評価するために、テストで測定する必要があります。

  • トレーディングパートナー管理

    取引パートナー管理には、B2Bデータ交換に関与するビジネスパートナーや取引エンティティとの関係を確立および維持することが含まれます。オンボーディングパートナー、パートナープロファイルの管理、パートナー固有のデータ交換要件の定義などのアクティビティが含まれます。このスキルは、取引パートナー管理の原則に関する候補者の知識と、B2Bデータ交換シナリオでビジネスパートナーと効果的に協力する能力を評価するために、テストで測定する必要があります。 (電子データインターチェンジ)標準は、B2Bデータ交換で使用される一連のガイドラインと形式であり、異なるシステムと取引パートナー間の標準化と互換性を確保しています。それらは、電子的に交換されたデータの構造、構文、およびセマンティクスを定義します。このスキルは、X12やEdifactなどの一般的に使用されるEDI標準、およびB2Bデータ交換プロセスでこれらの標準を実装および遵守する能力に対する候補者の慣れを評価するために、テストで測定する必要があります。

  • Full list of covered topics

    The actual topics of the questions in the final test will depend on your job description and requirements. However, here's a list of topics you can expect the questions for Informatica B2Bデータ交換テスト to be based on.

    B2Bデータ交換
    データ統合
    データ変換
    データマッピング
    データ検証
    データセキュリティ
    エラー処理
    データ品質
    メッセージ追跡
    トレーディングパートナー管理
    EDI標準
    EDI X12
    EDI AS2
    エディバン
    edi ftp
    XML変換
    データ暗号化
    SSL/TLS
    データ検証ルール
    エラー報告
    データガバナンス
    ETLプロセス
    データベース統合
    データフォーマット
    データクレンジング
    データのマージ
    データの重複排除
    xpath
    XSLT
    XMLスキーマ
    JSONマッピング
    API統合
    データコンプライアンス
    データのプライバシー
    取引パートナーのオンボーディング
    パートナー関係管理
    データ交換プロトコル
    メッセージルーティング
    データ監視
    データウェアハウジング
    データレプリケーション
    マッピング仕様
    データ送信
    EDIマッピング
    HL7メッセージング
    暗号化標準
    データ検証テスト
    エラー処理フレームワーク
    データプロファイリング
    取引パートナー契約
    メッセージの確認
    AS2認証

What roles can I use the Informatica B2Bデータ交換テスト for?

  • データ統合スペシャリスト
  • EDIサポートアナリスト
  • Infromatica B2B統合コンサルタント
  • B2B統合アーキテクト
  • B2Bソリューションエンジニア

How is the Informatica B2Bデータ交換テスト customized for senior candidates?

For intermediate/ experienced candidates, we customize the assessment questions to include advanced topics and increase the difficulty level of the questions. This might include adding questions on topics like

  • B2Bデータ交換のEDI標準に精通しています
  • 複雑さを増したB2Bデータ交換を実行する能力
  • 高度なデータ統合手法の理解
  • 複雑なデータ変換シナリオの習熟度
  • B2Bデータ交換の高度なデータマッピングの専門知識
  • 高度なデータ検証手法の知識
  • 高度なデータセキュリティ対策を実装する能力
  • B2Bデータ交換における高度なエラー処理の理解
  • 高度なデータ品質手順の習熟度
Singapore government logo

採用マネージャーは、パネルのインタビュー中に尋ねた技術的な質問を通して、どの候補者がより良いスコアを持っているかを知ることができ、得点しなかった人と差別化することができたと感じました。彼らです 非常に満足しています 候補者の品質は、Adafaceスクリーニングで最終候補になりました。


85%
スクリーニング時間の短縮

Informatica B2Bデータ交換テスト FAQ

複数のスキルを1つのカスタム評価に組み合わせることはできますか?

そのとおり。カスタム評価は、職務内容に基づいて設定され、指定したすべての必須スキルに関する質問が含まれます。

アンチチートまたは監督の機能はありますか?

次のアンチチート機能があります。

  • グーグル不可能な質問
  • IP監督
  • Webの提案
  • ウェブカメラの監督
  • 盗作の検出
  • 安全なブラウザ

[プロクチャリング機能](https://www.adaface.com/proctoring)の詳細をご覧ください。

テストスコアを解釈するにはどうすればよいですか?

留意すべき主なことは、評価が選択ツールではなく排除ツールであることです。スキル評価が最適化され、技術的にその役割の資格がない候補者を排除するのに役立ちます。これは、役割の最良の候補者を見つけるのに役立つために最適化されていません。したがって、評価を使用する理想的な方法は、しきい値スコア(通常は55%、ベンチマークを支援します)を決定し、インタビューの次のラウンドのしきい値を超えてスコアを上回るすべての候補者を招待することです。

このテストを使用できますか?

各ADAFACE評価は、職務記述書/理想的な候補者のペルソナにカスタマイズされます(当社の主題の専門家は、10000以上の質問のライブラリからあなたの評価に適切な質問を選択します)。この評価は、あらゆる経験レベルでカスタマイズできます。

すべての候補者は同じ質問を受け取りますか?

私は候補者です。練習テストを試すことはできますか?

いいえ。残念ながら、現時点では練習テストをサポートしていません。ただし、[サンプルの質問](https://www.adaface.com/questions)を使用するには、練習できます。

このテストを使用するコストはいくらですか?

無料トライアルを受けることはできますか?

私はちょうど有料プランに移りました。カスタム評価をリクエストするにはどうすればよいですか?

customers across world
Join 1200+ companies in 75+ countries.
今日、最も候補者のフレンドリーなスキル評価ツールをお試しください。
g2 badges
Ready to use the Adaface Informatica B2Bデータ交換テスト?
Ready to use the Adaface Informatica B2Bデータ交換テスト?
私たちとしゃべる
条項 プライバシー トラストガイド

🌎言語を選んでください

English Norsk Dansk Deutsche Nederlands Svenska Français Español Chinese (简体中文) Italiano Japanese (日本語) Polskie Português Russian (русский)
ada
Ada
● Online
Previous
Score: NA
Next
✖️