Search test library by skills or roles
⌘ K

About the test:

Flutter and Dart Onlineテストでは、シナリオベースのMCQ質問を使用して、候補者の適応型フラッターアプリを設計、構築、デバッグする能力を評価します。質問は、フラッターウィジェットを使用して、複数の画面間のナビゲート、ユーザー入力の処理、カメラ、場所、出版などのネイティブデバイス機能を使用して、アプリストアへのネイティブデバイス機能を使用した経験を評価します。このテストには、Flutterアプリの開発に使用されるDARTプログラミング言語に関する候補者の知識を評価するためのコードトレースMCQの質問もあります。

Covered skills:

  • DARTプログラミング
  • フラッター内部
  • 国家管理
  • ネットワーキングと処理データ
  • 画面間のナビゲーション
  • 公開と配布
  • ダートおっと
  • ビルトインとカスタムウィジェットのフラッター
  • フォームとメディアの処理
  • アニメーションとトランジション
  • デバッグとテスト

9 reasons why
9 reasons why

Adaface Flutter & Dart Assessment Test is the most accurate way to shortlist フラッター開発者s



Reason #1

Tests for on-the-job skills

The Flutter & Dart Test helps recruiters and hiring managers identify qualified candidates from a pool of resumes, and helps in taking objective hiring decisions. It reduces the administrative overhead of interviewing too many candidates and saves time by filtering out unqualified candidates at the first step of the hiring process.

The test screens for the following skills that hiring managers look for in candidates:

  • 効率的でクリーンなDARTコードを記述する機能
  • DARTのオブジェクト指向プログラミング原則の理解
  • フラッターの内部とフレームワークアーキテクチャの知識
  • 内蔵およびカスタムフラッターウィジェットを使用する習熟度
  • フラッターアプリケーションで状態を効果的に管理する能力
  • Flutterのフォームとメディアの取り扱いの経験
  • ネットワーキングの概念とフラッターにおけるデータ処理の理解
  • フラッターでアニメーションとトランジションを作成する能力
  • フラッターの画面間のナビゲートに関する知識
  • フラッターアプリケーションのデバッグとテストの習熟度
  • フラッターにおける公開と流通プロセスの理解
Reason #2

No trick questions

no trick questions

Traditional assessment tools use trick questions and puzzles for the screening, which creates a lot of frustration among candidates about having to go through irrelevant screening assessments.

View sample questions

The main reason we started Adaface is that traditional pre-employment assessment platforms are not a fair way for companies to evaluate candidates. At Adaface, our mission is to help companies find great candidates by assessing on-the-job skills required for a role.

Why we started Adaface
Reason #3

Non-googleable questions

We have a very high focus on the quality of questions that test for on-the-job skills. Every question is non-googleable and we have a very high bar for the level of subject matter experts we onboard to create these questions. We have crawlers to check if any of the questions are leaked online. If/ when a question gets leaked, we get an alert. We change the question for you & let you know.

How we design questions

これらは、10,000以上の質問のライブラリからのわずかなサンプルです。これに関する実際の質問 フラッター&ダートテスト グーグルできません.

🧐 Question

Medium

Analyzing StreamBuilder
StreamBuilder
ListView
Solve
Consider the below code:
 image
Analyze the given pseudocode and determine what will be displayed on the screen after the second emission of Stream (after 2 seconds).
A: CircularProgressIndicator will be displayed.
B: A ListView with 3 ListTile widgets, each displaying one item from the list ['Item1', 'Item2', 'Item3'].
C: Text widget with 'No Items Available' will be displayed.
D: A ListView with 0 ListTile widgets.
E: The code will throw an error.

Medium

Handling Push Notifications
Push Notifications
Application State
Solve
In a Flutter application, you are using the firebase_messaging package to handle incoming FCM (Firebase Cloud Messaging) push notifications. Consider the pseudocode below:
 image
In the _handleNotification method, the application is supposed to navigate to a details page if the action key in the notification data is equal to 'navigate'. However, this might not work as expected if the app is in the background or terminated state when the notification is received and the user clicked on it.

How would you modify the _handleNotification method or handle the onMessage event to ensure that the navigation occurs when the user taps on the notification to open the app, no matter what state the app is in when the notification is received?
A: Use _firebaseMessaging.onMessageOpenedApp to handle navigation when the user taps the notification to open the app.
B: Use _firebaseMessaging.onLaunch to handle the navigation when the user taps the notification.
C: Check the message.messageType and navigate only if it is 'opened'.
D: Use _firebaseMessaging.onBackgroundMessage for handling navigation when the app is in the background.
E: Use a GlobalKey<NavigatorState> to handle navigation in _handleNotification.

Medium

Sliders
Widgets
Solve
Dinance is a crypto finance mobile app. The app is built using Flutter and uses Sliders at multiple places. Review the following two snippets of Sliders used in the app. How will the Sliders be displayed?
 image
A: Slider X is displayed as a continuous slider with values {0.0, 0.25, 0.5, 0.75, 1.0}
B: Slider X is displayed as a discrete slider with values {0.0, 0.25, 0.5, 0.75, 1.0}
C: Slider X is displayed as a discrete slider with values {0.0, 0.33, 0.67, 1.0}
D: Slider X is displayed as a discrete Slider with the values {0.0, 1.0, 2.0, 3.0, 4.0}

E: Slider Y is displayed as a discrete Slider with the thumb rightmost
F: Slider Y is displayed as a continuous Slider with thumb leftmost
G: Slider Y is displayed as a discrete Slider with values {0.0, 0.25, 0.5, 0.75, 1.0} with thumb left most
H: Slider Y is displayed as a continuous Slider with thumb rightmost

Medium

Stateless and Stateful Widgets
Stateless Widgets
Stateful Widgets
Lifecycle Methods
Solve
Consider the following pseudocode:
 image
Review the pseudocode. What will be the output in the console when the application starts, the user clicks the 'Navigate' button to navigate to AnotherScreen and then navigates back to the ParentWidget?
 image

Medium

Vertical Wrap
UI Layout
Solve
Review the following Flutter code:
 image
The code produces the following UI:
 image
What will the UI look like if we add following properties to Wrap widget (after line 29):

textDirection: TextDirection.rtl
direction: Axis.vertical
 image

Medium

Async Await
Asynchronous Programming
Solve
Review the following Dart code:
 image
The code reads data from a file synchronously. The code blocks while waiting for file I/O. Which of the following is the proper asynchronous version of the same code? 

- Assume readAsString is asynchronous version of readAsStringSync
- Lines with changes compared to original code are marked with // #
 image

Easy

Iterable Sync
Asynchronous Programming
Solve
What would the following Dart code print?
 image

Medium

Method Overriding
Constructors
Inheritance
Method Overriding
Solve
Consider the following Dart code:
 image
What will be the output of the above Dart code?
 image

Easy

Registration Queue
Logic
Queues
Solve
We want to register students for the next semester. All students have a receipt which shows the amount pending for the previous semester. A positive amount (or zero) represents that the student has paid extra fees, and a negative amount represents that they have pending fees to be paid. The students are in a queue for the registration. We want to arrange the students in a way such that the students who have a positive amount on the receipt get registered first as compared to the students who have a negative amount. We are given a queue in the form of an array containing the pending amount.
For example, if the initial queue is [20, 70, -40, 30, -10], then the final queue will be [20, 70, 30, -40, -10]. Note that the sequence of students should not be changed while arranging them unless required to meet the condition.
⚠️⚠️⚠️ Note:
- The first line of the input is the length of the array. The second line contains all the elements of the array.
- The input is already parsed into an array of "strings" and passed to a function. You will need to convert string to integer/number type inside the function.
- You need to "print" the final result (not return it) to pass the test cases.

For the example discussed above, the input will be:
5
20 70 -40 30 -10

Your code needs to print the following to the standard output:
20 70 30 -40 -10

Medium

Visitors Count
Strings
Logic
Solve
A manager hires a staff member to keep a record of the number of men, women, and children visiting the museum daily. The staff will note W if any women visit, M for men, and C for children. You need to write code that takes the string that represents the visits and prints the count of men, woman and children. The sequencing should be in decreasing order. 
Example:

Input:
WWMMWWCCC

Expected Output: 
4W3C2M

Explanation: 
‘W’ has the highest count, then ‘C’, then ‘M’. 
⚠️⚠️⚠️ Note:
- The input is already parsed and passed to a function.
- You need to "print" the final result (not return it) to pass the test cases.
- If the input is- “MMW”, then the expected output is "2M1W" since there is no ‘C’.
- If any of them have the same count, the output should follow this order - M, W, C.
🧐 Question🔧 Skill

Medium

Analyzing StreamBuilder
StreamBuilder
ListView

3 mins

Flutter
Solve

Medium

Handling Push Notifications
Push Notifications
Application State

2 mins

Flutter
Solve

Medium

Sliders
Widgets

4 mins

Flutter
Solve

Medium

Stateless and Stateful Widgets
Stateless Widgets
Stateful Widgets
Lifecycle Methods

2 mins

Flutter
Solve

Medium

Vertical Wrap
UI Layout

3 mins

Flutter
Solve

Medium

Async Await
Asynchronous Programming

3 mins

Dart
Solve

Easy

Iterable Sync
Asynchronous Programming

2 mins

Dart
Solve

Medium

Method Overriding
Constructors
Inheritance
Method Overriding

2 mins

Dart
Solve

Easy

Registration Queue
Logic
Queues

30 mins

Coding
Solve

Medium

Visitors Count
Strings
Logic

30 mins

Coding
Solve
🧐 Question🔧 Skill💪 Difficulty⌛ Time
Analyzing StreamBuilder
StreamBuilder
ListView
Flutter
Medium3 mins
Solve
Handling Push Notifications
Push Notifications
Application State
Flutter
Medium2 mins
Solve
Sliders
Widgets
Flutter
Medium4 mins
Solve
Stateless and Stateful Widgets
Stateless Widgets
Stateful Widgets
Lifecycle Methods
Flutter
Medium2 mins
Solve
Vertical Wrap
UI Layout
Flutter
Medium3 mins
Solve
Async Await
Asynchronous Programming
Dart
Medium3 mins
Solve
Iterable Sync
Asynchronous Programming
Dart
Easy2 mins
Solve
Method Overriding
Constructors
Inheritance
Method Overriding
Dart
Medium2 mins
Solve
Registration Queue
Logic
Queues
Coding
Easy30 minsSolve
Visitors Count
Strings
Logic
Coding
Medium30 minsSolve
Reason #4

1200+ customers in 75 countries

customers in 75 countries
Brandon

Adafaceを使用すると、初期スクリーニングプロセスを75%以上最適化することができ、採用マネージャーとタレント獲得チームの両方にとって貴重な時間を解放しました!


Brandon Lee, 人々の頭, Love, Bonito

Reason #5

Designed for elimination, not selection

The most important thing while implementing the pre-employment フラッター&ダートテスト in your hiring process is that it is an elimination tool, not a selection tool. In other words: you want to use the test to eliminate the candidates who do poorly on the test, not to select the candidates who come out at the top. While they are super valuable, pre-employment tests do not paint the entire picture of a candidate’s abilities, knowledge, and motivations. Multiple easy questions are more predictive of a candidate's ability than fewer hard questions. Harder questions are often "trick" based questions, which do not provide any meaningful signal about the candidate's skillset.

Science behind Adaface tests
Reason #6

1 click candidate invites

Email invites: You can send candidates an email invite to the フラッター&ダートテスト from your dashboard by entering their email address.

Public link: You can create a public link for each test that you can share with candidates.

API or integrations: You can invite candidates directly from your ATS by using our pre-built integrations with popular ATS systems or building a custom integration with your in-house ATS.

invite candidates
Reason #7

Detailed scorecards & benchmarks

Reason #8

High completion rate

Adaface tests are conversational, low-stress, and take just 25-40 mins to complete.

This is why Adaface has the highest test-completion rate (86%), which is more than 2x better than traditional assessments.

test completion rate
Reason #9

Advanced Proctoring


Learn more

About the Flutter & Dart Online Test

Why you should use Pre-employment Flutter & Dart Test?

The フラッター&ダートテスト makes use of scenario-based questions to test for on-the-job skills as opposed to theoretical knowledge, ensuring that candidates who do well on this screening test have the relavant skills. The questions are designed to covered following on-the-job aspects:

  • DARTプログラミング言語でクリーンで効率的なコードを書く能力
  • DARTのオブジェクト指向プログラミングの概念を強く理解しています
  • フラッターの内部とそのアーキテクチャの詳細な知識
  • Flutterビルトインとカスタムウィジェットの開発に習熟
  • フラッターで州の管理ソリューションを実装した経験
  • フラッターアプリケーションのフォームとメディアの取り扱いに関する専門知識
  • ネットワーキングの概念とフラッターにおけるデータ処理に関する知識
  • 滑らかなアニメーションとフラッターの移行を作成する能力
  • フラッターの画面間のナビゲーション技術の理解
  • フラッターアプリケーションのデバッグとテストの習熟度

Once the test is sent to a candidate, the candidate receives a link in email to take the test. For each candidate, you will receive a detailed report with skills breakdown and benchmarks to shortlist the top candidates from your pool.

What topics are covered in the Flutter & Dart Test?

  • 状態管理

    フラッターにおける状態管理には、アプリケーションのデータとUI状態の管理が含まれます。このスキルは、ScopedModel、プロバイダー、Redux、BLOCなどのさまざまな状態管理パターンを実装する候補者の能力を評価するために、テストで測定され、フラッターアプリの複雑なUI相互作用とデータフローを効果的に処理します。フォームとメディアの処理</h4> <p> Flutterのフォームとメディアの取り扱いには、ユーザー入力の検証、フォームデータのキャプチャと処理、画像やビデオなどのさまざまなメディアタイプの操作が含まれます。このスキルは、フォームハンドリングとメディア操作技術を実装する候補者の能力を評価し、フラッターアプリケーションでのスムーズでエラーのないユーザーエクスペリエンスを保証するテストで測定されます。 P> Flutterのネットワーキングと取り扱いデータには、APIリクエストの作成、JSONの解析とシリアル化、ローカルデータストレージの管理が含まれます。このスキルはテストで測定され、データの取得と持続性メカニズムの実装における候補者の能力を評価し、フラッターアプリとバックエンドサービス間のシームレスな通信を確保します。 Flutterでは、寿命とインタラクティブ性をユーザーインターフェイスにもたらします。このスキルは、フラッターのアニメーションフレームワークに関する候補者の知識と、フラッターアプリケーションのユーザーエクスペリエンスを強化するスムーズで視覚的に魅力的なアニメーションとトランジションを作成する能力を作成する能力を評価するために、テストで測定されます。

  • Full list of covered topics

    The actual topics of the questions in the final test will depend on your job description and requirements. However, here's a list of topics you can expect the questions for フラッター&ダートテスト to be based on.

    DART構文
    DARTの変数とデータ型
    DARTの制御フローステートメント
    DARTの関数とメソッド
    DARTでの例外処理
    DARTのインターフェイスと抽象クラス
    DARTの継承と多型
    ダートのミックスイン
    DARTの非同期プログラミング
    フラッターフレームワークの概要
    フラッターのウィジェット階層
    フラッターのレイアウトウィジェット
    マテリアルデザインウィジェット
    Cupertino Designウィジェット
    フラッターのテキスト、画像、メディアウィジェット
    フラッターでのジェスチャー検出
    Flutterのステートレレスウィジェット
    フラッターでの国家管理アプローチ
    州管理のためのプロバイダーパッケージ
    国家管理のためのブロックパターン
    Flutterのフォーム検証
    フラッターでのテキスト入力と選択
    フラッターでのメディアの再生と録音
    FlutterでHTTPリクエストを作成します
    FlutterのJSONデータの解析とシリアル化
    フラッターでローカルデータベースを操作します
    フラッターのアニメーションライブラリを備えたアニメーション
    フラッターの画面間の遷移
    フラッターでのルーティングとナビゲーション
    フラッターアプリケーションのデバッグ
    フラッターでのユニットテスト
    フラッターでのウィジェットテスト
    フラッターでの統合テスト
    フラッターアプリをアプリストアに展開します
    Flutterのアプリ署名とリリース管理

What roles can I use the Flutter & Dart Test for?

  • フラッター開発者
  • モバイルフラッター開発者
  • ソフトウェアエンジニア
  • フレッシャーフラッター開発者

How is the Flutter & Dart Test customized for senior candidates?

For intermediate/ experienced candidates, we customize the assessment questions to include advanced topics and increase the difficulty level of the questions. This might include adding questions on topics like

  • フラッターアプリケーションの公開と配布の経験
  • DARTプログラミング言語の高度な知識
  • DARTで複雑なデータモデルの設計と実装に関する専門知識
  • フラッターのレンダリングパイプラインとウィジェットライフサイクルの詳細な理解
  • フラッターアプリケーションのパフォーマンスを最適化する機能
  • FlutterにサードパーティライブラリとAPIを統合する習熟度
  • フラッターに安全な認証と承認を実装する知識
  • フラッターでオフラインのデータストレージと同期を処理する能力
  • Flutterで複雑なUIレイアウトとレスポンシブデザインを実装する経験
  • フラッターにおける高度なデバッグ技術の理解

The coding question for experienced candidates will be of a higher difficulty level to evaluate more hands-on experience.

Singapore government logo

採用マネージャーは、パネルのインタビュー中に尋ねた技術的な質問を通して、どの候補者がより良いスコアを持っているかを知ることができ、得点しなかった人と差別化することができたと感じました。彼らです 非常に満足しています 候補者の品質は、Adafaceスクリーニングで最終候補になりました。


85%
スクリーニング時間の短縮

Flutter & Dart Hiring Test FAQ

新鮮なフラッター開発者向けにテストはどのようにカスタマイズされていますか?

ジュニアフラッター開発者の質問はわずかに簡単なレベルになり、質問は初心者/本質的なトピックに基づいています。テストが基づいているいくつかの初心者スキルは次のとおりです。

  • DARTの基本(コントロールフロー、関数、ステートメント、論理演算子、ループ用)
  • DARTオブジェクト指向プログラミングの基本
  • DARTのデータ構造とコレクション
    • フラッターの基本
    • マルチスクリーンアプリ間のナビゲーション
    • 組み込まれたウィジェットとスタイリングを使用します
    • マテリアルデザインなどの人気のサードパーティライブラリを使用します
    • フォーム、入力処理、検証
    • クラウドからデータを保存および取得するために非同期API呼び出しを行う
  • Server通信にJSON形式を使用します。
    • 国家管理の基礎

複数のスキルを1つのカスタム評価に組み合わせることはできますか?

そのとおり。カスタム評価は、職務内容に基づいて設定され、指定したすべての必須スキルに関する質問が含まれます。

アンチチートまたは監督の機能はありますか?

次のアンチチート機能があります。

  • グーグル不可能な質問
  • IP監督
  • Webの提案
  • ウェブカメラの監督
  • 盗作の検出
  • 安全なブラウザ

[プロクチャリング機能](https://www.adaface.com/proctoring)の詳細をご覧ください。

テストスコアを解釈するにはどうすればよいですか?

留意すべき主なことは、評価が選択ツールではなく排除ツールであることです。スキル評価が最適化され、技術的にその役割の資格がない候補者を排除するのに役立ちます。これは、役割の最良の候補者を見つけるのに役立つために最適化されていません。したがって、評価を使用する理想的な方法は、しきい値スコア(通常は55%、ベンチマークを支援します)を決定し、インタビューの次のラウンドのしきい値を超えてスコアを上回るすべての候補者を招待することです。

このテストを使用できますか?

各ADAFACE評価は、職務記述書/理想的な候補者のペルソナにカスタマイズされます(当社の主題の専門家は、10000以上の質問のライブラリからあなたの評価に適切な質問を選択します)。この評価は、あらゆる経験レベルでカスタマイズできます。

すべての候補者は同じ質問を受け取りますか?

私は候補者です。練習テストを試すことはできますか?

いいえ。残念ながら、現時点では練習テストをサポートしていません。ただし、[サンプルの質問](https://www.adaface.com/questions)を使用するには、練習できます。

このテストを使用するコストはいくらですか?

無料トライアルを受けることはできますか?

私はちょうど有料プランに移りました。カスタム評価をリクエストするにはどうすればよいですか?

customers across world
Join 1200+ companies in 75+ countries.
今日、最も候補者のフレンドリーなスキル評価ツールをお試しください。
g2 badges
Ready to use the Adaface フラッター&ダートテスト?
Ready to use the Adaface フラッター&ダートテスト?
私たちとしゃべる
条項 プライバシー トラストガイド

🌎言語を選んでください

English Norsk Dansk Deutsche Nederlands Svenska Français Español Chinese (简体中文) Italiano Japanese (日本語) Polskie Português Russian (русский)
ada
Ada
● Online
Previous
Score: NA
Next
✖️