Search test library by skills or roles
⌘ K

About the test:

Azureオンラインテストでは、候補者の仮想マシン、ストレージオプション、およびAzureを使用した仮想ネットワークを作成およびスケーリングする能力を評価します。このテストでは、シナリオベースのMCQの質問を使用して、Azure計算(仮想マシン、アプリサービス、機能)、Azureストレージ(SQL、BLOB、SQL)、Azureネットワーキング(仮想ネットワーク、ゲートウェイ、NSG)、Azureセキュリティの理解をスクリーニングします。

Covered skills:

  • クラウドコンピューティングの基本(iaas; paas)
  • Webおよびモバイルアプリのホスティングと開発
  • azureストレージ(blob; files;テーブル)
  • Azureデータウェアハウジング
  • Azure仮想マシン(スケーリング、バックアップ戦略)
  • Azureのネットワーキング(仮想ネットワーク;サブネット、ネットワークセキュリティグループ; DNS)
  • azureデータベース(sql; nosql; in-memory)
  • Azureセキュリティと監視

9 reasons why
9 reasons why

Adaface Microsoft Azure Test is the most accurate way to shortlist Azure開発者s



Reason #1

Tests for on-the-job skills

The Microsoft Azure Online Test helps recruiters and hiring managers identify qualified candidates from a pool of resumes, and helps in taking objective hiring decisions. It reduces the administrative overhead of interviewing too many candidates and saves time by filtering out unqualified candidates at the first step of the hiring process.

The test screens for the following skills that hiring managers look for in candidates:

  • クラウドコンピューティングの基礎を理解する
  • Azure Virtual Machinesをスケーリングおよび管理する機能
  • AzureでWebおよびモバイルアプリのホスティングと開発に関する知識
  • Azureのネットワーキング原則の習熟度
  • Azureストレージを使用する能力(BLOB、ファイル、テーブル)
  • Azureデータベースの理解(SQL、NOSQL、INMEMORY)
  • Azureデータウェアハウジングの知識
  • Azureでのセキュリティと監視を確保する能力
Reason #2

No trick questions

no trick questions

Traditional assessment tools use trick questions and puzzles for the screening, which creates a lot of frustration among candidates about having to go through irrelevant screening assessments.

View sample questions

The main reason we started Adaface is that traditional pre-employment assessment platforms are not a fair way for companies to evaluate candidates. At Adaface, our mission is to help companies find great candidates by assessing on-the-job skills required for a role.

Why we started Adaface
Reason #3

Non-googleable questions

We have a very high focus on the quality of questions that test for on-the-job skills. Every question is non-googleable and we have a very high bar for the level of subject matter experts we onboard to create these questions. We have crawlers to check if any of the questions are leaked online. If/ when a question gets leaked, we get an alert. We change the question for you & let you know.

How we design questions

これらは、10,000以上の質問のライブラリからのわずかなサンプルです。これに関する実際の質問 Microsoft Azureオンラインテスト グーグルできません.

🧐 Question

Medium

Backup and Restore Strategy
Databases
Backup
Recovery
Solve
You are a database administrator for an organization that uses Azure SQL Database for its operations. The organization has a strict data retention policy and has set up the following backup strategy:

1. Full backups are taken every Sunday at midnight.
2. Differential backups are taken every day at midnight, excluding Sunday.
3. Transaction log backups are taken every hour on the hour.

On Wednesday at 2:30 PM, a failure occurred, and the latest backup files available are: full backup from the previous Sunday, differential backups for Monday and Tuesday, and transaction log backups up to Wednesday 2 PM.

In order to restore the database to the most recent point in time with the minimum amount of data loss, in what order should you restore the backups?
A: Restore the full backup, then the differential backup for Tuesday, then the differential backup for Wednesday, then each transaction log backup from midnight on Wednesday to 2 PM on Wednesday.

B: Restore the full backup, then the differential backup for Wednesday, then each transaction log backup from midnight on Wednesday to 2 PM on Wednesday.

C: Restore the full backup, then each differential backup from Monday and Tuesday, then each transaction log backup from midnight on Wednesday to 2 PM on Wednesday.

D: Restore the full backup, then the differential backup for Monday, then each transaction log backup from midnight on Monday to 2 PM on Wednesday.

E: Restore the full backup, then the differential backup for Tuesday, then each transaction log backup from midnight on Tuesday to 2 PM on Wednesday.

Medium

Resolving Connection Issues
Virtual Machines
Networking
Security
Solve
You are an Azure Administrator and you manage a Linux VM running an internal web application in Azure. The web application communicates with a database server hosted on another VM in the same Virtual Network (VNet).

Recently, users have reported that the web application is not accessible. After initial troubleshooting, you have identified that the web application VM is unable to establish a connection with the database server VM on port 5432.

You have checked and confirmed the following:

1. Both VMs are up and running without any issues.
2. Both VMs are located in the same VNet and subnet.
3. Both VMs can successfully ping each other.
4. A Network Security Group (NSG) is associated with the subnet, and it has a rule allowing all outbound traffic from the web application VM.
5. The NSG rule for inbound traffic to the database VM on port 5432 has a higher priority than the default deny all rule.

Given the information provided, what could be the most likely reason for the issue and the appropriate resolution?
A: Add a route table to the subnet to enable communication between the VMs.

B: The NSG rule priority for the inbound traffic to the database VM is not set correctly. Adjust the priority to be lower than the default rule.

C: Check if a firewall is enabled on the database VM that might be blocking the port. If so, configure it to allow connections on port 5432.

D: The issue is related to the DNS resolution. Update the DNS settings in the VNet to enable name resolution between the VMs.

E: The web application is not correctly configured to connect to the database. Update the connection string in the web application configuration.

Medium

Resolving NSG Configuration Issues
Virtual Machines
Security
Solve
You are an Azure Administrator in a software development company. A Linux VM is deployed on Azure, hosting an application server running on port 5000, set to start whenever the VM is booted up.

The VM is associated with a Network Security Group (NSG) having the following inbound security rules:

- Rule 100 (Priority: 100): Allow SSH (port 22) from any source
- Rule 200 (Priority: 200): Allow HTTP (port 80) from any source
- Rule 400 (Priority: 400): Allow TCP traffic on port 5000 from any source
- Rule 300 (Priority: 300): Deny all inbound traffic from any source

The outbound security rules are configured to allow all traffic to any destination.

Internal users have been attempting to connect to the application server on port 5000 but they are consistently facing connection timeouts. You've confirmed the application server is up and running, and you can connect to the server locally on the VM.

What is the most probable cause of the problem and how would you fix it?
A: The inbound rule to allow TCP traffic on port 5000 is conflicting with the rule to allow HTTP on port 80. Remove Rule 200.

B: Rule 300 to deny all inbound traffic is being processed before Rule 400 to allow traffic on port 5000. Modify the priority of Rule 400 to a value less than 300.

C: The application server should be configured to listen on a well-known port instead of port 5000. Change the server settings.

D: The NSG is missing an inbound rule to allow ICMP traffic. Add a new rule with a lower priority.

E: The NSG needs to have an outbound rule specifically allowing traffic to port 5000. Add a new outbound rule.
🧐 Question🔧 Skill

Medium

Backup and Restore Strategy
Databases
Backup
Recovery

2 mins

Azure
Solve

Medium

Resolving Connection Issues
Virtual Machines
Networking
Security

2 mins

Azure
Solve

Medium

Resolving NSG Configuration Issues
Virtual Machines
Security

2 mins

Azure
Solve
🧐 Question🔧 Skill💪 Difficulty⌛ Time
Backup and Restore Strategy
Databases
Backup
Recovery
Azure
Medium2 mins
Solve
Resolving Connection Issues
Virtual Machines
Networking
Security
Azure
Medium2 mins
Solve
Resolving NSG Configuration Issues
Virtual Machines
Security
Azure
Medium2 mins
Solve
Reason #4

1200+ customers in 75 countries

customers in 75 countries
Brandon

Adaface を使用することで、最初の選考プロセスを 75% 以上最適化することができ、採用担当マネージャーと人材獲得チームの両方にとって貴重な時間を同様に解放することができました。


Brandon Lee, 人々の責任者, Love, Bonito

Reason #5

Designed for elimination, not selection

The most important thing while implementing the pre-employment Microsoft Azureオンラインテスト in your hiring process is that it is an elimination tool, not a selection tool. In other words: you want to use the test to eliminate the candidates who do poorly on the test, not to select the candidates who come out at the top. While they are super valuable, pre-employment tests do not paint the entire picture of a candidate’s abilities, knowledge, and motivations. Multiple easy questions are more predictive of a candidate's ability than fewer hard questions. Harder questions are often "trick" based questions, which do not provide any meaningful signal about the candidate's skillset.

Science behind Adaface tests
Reason #6

1 click candidate invites

Email invites: You can send candidates an email invite to the Microsoft Azureオンラインテスト from your dashboard by entering their email address.

Public link: You can create a public link for each test that you can share with candidates.

API or integrations: You can invite candidates directly from your ATS by using our pre-built integrations with popular ATS systems or building a custom integration with your in-house ATS.

invite candidates
Reason #7

Detailed scorecards & benchmarks

サンプルスコアカードを表示します
Reason #8

High completion rate

Adaface tests are conversational, low-stress, and take just 25-40 mins to complete.

This is why Adaface has the highest test-completion rate (86%), which is more than 2x better than traditional assessments.

test completion rate
Reason #9

Advanced Proctoring


Learn more

About the Microsoft Azure Assessment Test

Why you should use Pre-employment Microsoft Azure Online Test?

The Microsoft Azureオンラインテスト makes use of scenario-based questions to test for on-the-job skills as opposed to theoretical knowledge, ensuring that candidates who do well on this screening test have the relavant skills. The questions are designed to covered following on-the-job aspects:

  • クラウドコンピューティングの基本(iaas; paas)
  • Azure仮想マシン(スケーリング、バックアップ戦略)
  • Webおよびモバイルアプリのホスティングと開発
  • Azureのネットワーキング(仮想ネットワーク;サブネット、ネットワークセキュリティグループ; DNS)
  • azureストレージ(blob; files;テーブル)
  • azureデータベース(sql; nosql; in-memory)
  • Azureデータウェアハウジング
  • Azureセキュリティと監視
  • PowerShellでスクリプト
  • Azureで仮想マシンの展開と管理

Once the test is sent to a candidate, the candidate receives a link in email to take the test. For each candidate, you will receive a detailed report with skills breakdown and benchmarks to shortlist the top candidates from your pool.

What topics are covered in the Microsoft Azure Online Test?

  • Full list of covered topics

    The actual topics of the questions in the final test will depend on your job description and requirements. However, here's a list of topics you can expect the questions for Microsoft Azureオンラインテスト to be based on.

    Iaas
    Paas
    Azure仮想マシン
    スケーリング
    バックアップ戦略
    Webアプリのホスティング
    モバイルアプリのホスティング
    Azureのネットワーキング
    仮想ネットワーク
    サブネット
    ネットワークセキュリティグループ
    DNS
    Azureストレージ
    ブロブ
    ファイル
    テーブル
    Azureデータベース
    SQL
    nosql
    インメモリー
    Azureデータウェアハウジング
    Azureセキュリティ
    監視

What roles can I use the Microsoft Azure Online Test for?

  • Azure開発者
  • シニアAzure開発者
  • Azure Solutions Architect
  • Azure管理者
  • Azure Data Engineer
  • シニアAzureデータエンジニア
  • Azure Infrastructure Engineer
  • Azure DevOpsエンジニア

How is the Microsoft Azure Online Test customized for senior candidates?

For intermediate/ experienced candidates, we customize the assessment questions to include advanced topics and increase the difficulty level of the questions. This might include adding questions on topics like

  • Azureリソースマネージャーとリソースグループの理解
  • Azure仮想ネットワークの構成と管理
  • Azure Load BalancerおよびTraffic Managerの実装
  • Azureストレージソリューションの設計と実装
  • Azure SQLデータベースの展開と管理
  • AzureアプリサービスとWebアプリの実装
  • Azure関数の構築と展開
  • Azure Active Directoryの実装とIDASCEの管理
  • Azure Monitorを使用したAzureリソースの監視
  • Azureのコストとパフォーマンスの最適化
  • CI/CDパイプラインにAzure Devopsを利用します
Singapore government logo

採用担当者は、パネル面接中に尋ねる専門的な質問を通じて、どの候補者がより良いスコアを持っているかを判断し、スコアがそれほど高くない候補者と区別できると感じました。彼らです 非常に満足 Adaface のスクリーニングで最終候補者リストに選ばれた候補者の質を重視します。


85%
スクリーニング時間の短縮

Microsoft Azure Hiring Test よくある質問

テストは上級 Azure データ エンジニア向けにどのようにカスタマイズされていますか?

Azure データ エンジニアは主に次の 3 つの分野で評価されます。

  • Azure データベース: SQL データベース、CosmosDB、データ ウェアハウス
  • Azure Analytics: Stream Analytics、HDInsight、Lake Analytics、データ エクスプローラー、Databricks、Power BI、Data Factory
  • Azure 移行: サイト回復、データベース移行、移行、移行プロジェクト、DataBox

上級 Azure データ エンジニア向けの質問は難易度が高く、次のような中級/上級のトピックに焦点を当てています。

  • コアデータの概念: リレーショナル、非リレーショナル、ビッグデータ、分析
  • Azure Data Factory パイプラインの作成、スケジュール、監視
  • Elastic Pool Databaseのデプロイとプールへのデータベースの追加/削除
  • マネージド インスタンス データベースのデプロイ
  • Microsoft Azure Synapse Analytics Service を使用したデータの取り込み、管理、提供
  • 従来型アーキテクチャ、最新アーキテクチャ、シナプス アーキテクチャの違い
  • Azure MPP (Massive Parallel Processing) アーキテクチャの理解
  • データ分散、シャーディング、パーティショニングなどの内部概念についての深い理解
  • 高度な移行方法とベスト プラクティス
  • SSIS、Data Factory、PolyBase を使用した Azure SQL データ ウェアハウスへのデータの移行
  • Azure Data Lake Gen1 ストレージ アカウントの作成、U-SQL 言語によるデータの入力と分析
  • SAS URL とライフサイクル ポリシーを使用して Blob Storage 上のデータを保護し、自動階層変更でデータをアーカイブする
  • エンドツーエンドのデータ読み込みパイプラインの設計と管理

ジュニア Azure 開発者を評価するにはどのような質問を使用する必要がありますか?

新人/若手 Azure 開発者向けの質問は、難易度が低めです。トピックは、次のような Azure サービスの基本に基づいています。

  • Azure コンピューティングの操作 - 仮想マシン、アプリ サービス、AKS、関数など
  • Azure でのネットワークの実装 - VNet、サブネット、NSG、アプリ ゲートウェイ
  • Azure でのデータ リソースの管理 - Azure SQL、MySQL、CosmosDB、ストレージ
  • Azure ADを使用した認証の管理
  • Azure の価格とコストの基本

Azure と SQL のスキルはどのように評価されますか?

同じテストで複数のスキルを評価することをサポートします。この役割で候補者に SQL の理解と Azure での SQL データベースの管理経験が求められる場合、質問は SQL と Azure のスキルに焦点を当てます。 SQL、Azure、およびサブトピックの正確な割合は、職務内容に基づいて選択されます。質問の基になる関連トピックは次のとおりです。

  • SQL の基礎 (データベース、テーブル)
  • SQL CRUDクエリ
  • MySQL サーバー用の Azure データベースの作成と管理
  • オンプレミス データベースを SQL Azure に移行する
  • データベースのエクスポートとインポート
  • Azure SQL でのエンタープライズ グレードのデータベースの管理 (バックアップ、復元、保護、スケーリング)
  • SQL データベース監査の構成
  • Azure SQL データベース エラスティック プールのデプロイ
  • RDP、SSMS、Azure Data Studio を使用した Azure SQL Server VM へのアクセス

複数のスキルを1つのカスタム評価に組み合わせることはできますか?

そのとおり。カスタム評価は、職務内容に基づいて設定され、指定したすべての必須スキルに関する質問が含まれます。

アンチチートまたは監督の機能はありますか?

次のアンチチート機能があります。

  • グーグル不可能な質問
  • IP監督
  • Webの提案
  • ウェブカメラの監督
  • 盗作の検出
  • 安全なブラウザ

[プロクチャリング機能](https://www.adaface.com/proctoring)の詳細をご覧ください。

テストスコアを解釈するにはどうすればよいですか?

留意すべき主なことは、評価が選択ツールではなく排除ツールであることです。スキル評価が最適化され、技術的にその役割の資格がない候補者を排除するのに役立ちます。これは、役割の最良の候補者を見つけるのに役立つために最適化されていません。したがって、評価を使用する理想的な方法は、しきい値スコア(通常は55%、ベンチマークを支援します)を決定し、インタビューの次のラウンドのしきい値を超えてスコアを上回るすべての候補者を招待することです。

このテストを使用できますか?

各ADAFACE評価は、職務記述書/理想的な候補者のペルソナにカスタマイズされます(当社の主題の専門家は、10000以上の質問のライブラリからあなたの評価に適切な質問を選択します)。この評価は、あらゆる経験レベルでカスタマイズできます。

すべての候補者は同じ質問を受け取りますか?

私は候補者です。練習テストを試すことはできますか?

いいえ。残念ながら、現時点では練習テストをサポートしていません。ただし、[サンプルの質問](https://www.adaface.com/questions)を使用するには、練習できます。

このテストを使用するコストはいくらですか?

無料トライアルを受けることはできますか?

私はちょうど有料プランに移りました。カスタム評価をリクエストするにはどうすればよいですか?

customers across world
Join 1200+ companies in 75+ countries.
今日、最も候補者のフレンドリーなスキル評価ツールをお試しください。
g2 badges
Ready to use the Adaface Microsoft Azureオンラインテスト?
Ready to use the Adaface Microsoft Azureオンラインテスト?
私たちとしゃべる
ada
Ada
● Online
Previous
Score: NA
Next
✖️